148キロの左右エース、大商大の橋本侑樹投手と大西広樹投手にオリックスなど5球団視察

大阪商業大, 橋本侑樹, 大西広樹

大商大は148キロ左腕でプロ注目の橋本侑樹投手が先発し5回2失点、9回にはリリーフで大西広樹投手が登板し1回を無失点に抑えて勝利した。

左右のエース

橋本侑樹投手はこの日の初回、4球目に148キロを記録すると、その後に「力が入っていた」と制球を乱して連続四球を与え、1アウト2,3塁からタイムリーを浴びて2点を失ってしまう。しかし、2回からは「力が抜けて安定した」と、いつものように変化球との緩急をつけた投球に戻ると、5回まで3安打2失点にまとめた。5奪三振、四死球は3つだった。

先週の龍谷大戦では2回途中で2失点し降板をしているが、この日も初回に2失点、富山監督は「前回はすぐ交代させた。立ち直ってもらわないとと思って」とこの日は続投をさせた。

この日は5球団のスカウトが視察し、オリックスの内匠スカウトは橋本投手について、「まっすぐのキレが魅力」と評価している。

また、球威では橋本投手を上回り、多くのスカウトが注目する大西広樹投手が9回にリリーフで登板すると、146キロの速球を見せストレート主体の投球で1回を1安打無失点に抑えた。

ストレートの強さは大西投手の方があり、前日には先発して6回4安打12奪三振無失点の投球を見せるなど、スカウトも視線も大西投手に集まる。橋本投手は昨年秋の明治神宮大会に投球を見ても、どちらかというと変化球を中心に抑えていく投手だが、球速も増しているようでどんな投球をしているのか見てみたい。

2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
大阪商業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

この日はプロ5球団のスカウトが視察。オリックスの内匠政博スカウトは「まっすぐのキレが魅力」と評価した。

今秋ドラフト候補の大商大・大西広樹投手(4年・大商大高)が、7点リードの九回に登板。1回を1安打無失点に抑え、試合を締めた。「投げたくて肩を作っていた」と、マウンドでは最速146キロを計測した直球を主体に力勝負を挑んだ。「1敗もしたくない。そのために自分を極めるだけです」と力強く語っていた。


PAGE TOP