中京大・148キロ右腕の初祖晋太郎投手と145キロ左腕の山本一輝投手がプロ目指す

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

中京大の左右の両輪、初祖晋太郎投手と山本一輝投手がそれぞれプロ入りを目指している。

左右の両輪

初祖晋太郎投手は184cmの上背があり、最速148キロの速球を投げおろす。リーグ通算8勝を挙げているが、昨秋は不調のため登板ができず「とにかく悔しかった」と話す。ブルペンで登板をする今年は「4年間で一番いい状態」と話し、中京大のエースとして期待される。

初祖投手は中京大中京時代に東海大相模との練習試合で147キロを記録すると、プロ4球団から学校に電話が入り「初めてプロを意識した」という。それから4年、いよいよプロの門を叩く順番が来た。「長所は真っすぐです」と話し、威力あるストレートをアピールする。

左のエースは山本一輝投手、地元愛知県の東郷高出身で、高校時代は141キロの速球を投げて名前が挙がっていたが、「高校時代はプロなんて全く頭になかった」と話す。しかし大学で最速は145キロを記録すると、2年時に出場した大学野球選手権で、富士大を相手に3回を5奪三振無失点に抑える好投を見せた。「自分の球が全国の舞台で通用した」と自信を掴んだ。

山本投手の特徴は大きなステップで、リリースポイントはマウンドから2メートル以上離れているという。ツインズの前田健太投手が190cm未満ということで、リリースポイントがバッターに近く、最速145キロながらバッターは差し込まれる。

半田監督は左右のエースに今季を託すが、「2人とも実績が圧倒的に足りない」と話す。この春に二人で10勝を挙げてチームを優勝に導きたい。大学野球選手権でそのピッチングを見せれば、目標のプロ入りに近づく。二人は「チームで神宮へ行くこと」と口をそろえた。

中京大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2020年度-愛知大学リーグのドラフト候補リスト

初祖は184センチの長身から投げ下ろす本格派。「長所は真っすぐです」と即答する右腕は大学通算8勝。プロを意識したのは中京大中京高3年のときだ。東海大相模との練習試合で好投し球速も147キロを計測。試合後には学校に4球団から電話が入ったという。「初めてプロを意識しました」。成長を求めて進学した中京大でも1年春にマウンドを経験した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント