赤星優志投手が152キロリリーフ、日大が東都2部優勝、専大・菊地吏玖投手は2日連続完投も無念

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

日本大が専修大と4-4で引き分け、東都リーグ2部の優勝を決めた。プロ注目の赤星優志投手がリリーフで登板し、2回1/3を1安打無失点に抑えた。

スポンサーリンク

赤星投手がMVP

日大は、前日に完封勝利を挙げている赤星優志投手が、この日も7回途中から登板し。2回1/3を1安打無失点に抑えた。試合は劣勢だったが、「赤星を勝たせる」とチームがまとまり、9回に同点に追いついて引き分けとなり、日大が2部優勝を決めた。

この日の最速は152キロを記録した赤星投手、「自分の成績がチームの優勝につながったと思うとうれしいです」と話した。今季は3勝1敗、防御率0.78でリーグ1位となり、MVP、最優秀投手に選ばれた。「タイトルを取れ、優勝できてうれしい。困ったときには、自信のある球で押せるようになったので、入れ替え戦でも勝負したい」と話す。

1部、2部入れ替え戦は6月21日から行われる。1部6位の東洋大、7位の立正大と三つ巴の戦いとなる。秋で1部リーグで今週のような投球を見せられれば、ドラフト上位候補にも挙がってくるかもしれない。人生をかけた勝負となりそうだ。

専修大・菊地投手は2試合連続完投も涙

対する専修大は、前日の試合でこちらも119球で完投している3年生の菊地吏玖投手が、2日続けての先発のマウンドに立つと、9回まで159球を投げた。

最初は疲れはなかったと話し、この日は自己最速を更新する150キロを記録した。しかし、3-4と1点をリードした9回に、四球2つとヒットで1アウト満塁のピンチ、それでも投手交代はなく続投すると、押し出しの死球となり同点を許す。この瞬間、優勝が消滅した。

それでも菊地投手は残りの2アウトを奪い、引き分けで試合を終えた。「8回までとは何か違った感覚。先頭を抑えて、ホッとしてしまった。心の揺れがあったと思う。自分が踏ん張り切れなくて、勝ちきれなかった。申し訳ない」と話した。

菊地投手は「どんな場面でも隙を与えない投手を目指して明日から練習する。秋こそ1部昇格を目指していきたい」と話し、秋の1部昇格に視線を送った。150キロを記録し、来年のドラフト注目投手となる可能性もあるが、この日の連投が、菊地投手の投手生命に影響が無いことを祈る。

2021年度-大学生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

日大のプロ注目右腕の赤星は七回途中から救援し無失点で、最優秀選手、最優秀投手に選ばれた。「タイトルを取れ、優勝できてうれしい。困ったときには、自信のある球(直球)で押せるようになったので、入れ替え戦でも勝負したい」と意気込んだ。

エースで最速152キロのプロ注目右腕・赤星は7回途中から救援して2回1/3を1安打無失点で勝利に貢献し、最高殊勲選手などのタイトルを受賞。6月21日から始まる1部下位2チームとの入れ替え戦に向け「(優勝は)今後につながる。入れ替え戦に生かしたい」と意気込んだ。

【大学野球】 日大が18年春以来の2部優勝 9回に執念の攻撃で追いつく
 引き分け以上で優勝が決まる日大が、3―4で迎えた9回裏の攻撃で執念を見せた。
日大5季ぶり14度目2部優勝「選手たちはよく粘ってくれた」監督は安堵 - アマ野球 : 日刊スポーツ
日大が専大に4-4で引き分け、5季ぶり14度目の2部優勝を果たした。1点ビハインドで迎えた9回裏、1死満塁から死球で同点に追い付いた。「入れ替え戦、勝つ、勝つ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

誰もエースを責めることはない。前日の1回戦では9回119球を投げ1失点完投負け。2日連続で先発し、9安打4失点も自己最速を2キロ更新する150キロも計測。159球を投げ抜いた。今春は7試合で4完投、リーグトップの50イニングを投げた。斎藤正直監督は「菊地にかけました。大したものです。大きな投手になってほしい。お互いにいい試合だった」とねぎらった。

【大学野球】専大のエース右腕・菊地吏玖が完投するも最終回でまさかの失点・・・優勝まであと一歩届かず
 日大が引き分け以上、専大が勝てば優勝が決まる重要な一戦は、最終回までもつれ、引き分けに終わった。この結果、日大が14度目の2部リーグ優勝を果たした。
専大菊地4戦連続完投も9回押し出し死球 「申し訳ない」リーグ優勝ならず - アマ野球 : 日刊スポーツ
専大のエース菊地吏玖投手(3年=札幌大谷)が、4試合連続完投を達成した。9回9安打4失点。チームを優勝に導くことはできなかったが、自身初となる2日連続の先発起… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント