神奈川大と東洋大のオープン戦に楽天・阪神・西武のスカウトが視察、土井克也捕手、羽田野温生投手に熱視線

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

東洋大と神奈川大がオープン戦を行い、東洋大の156キロ右腕・羽田野温生投手、神奈川大の土井克也捕手を東北楽天、阪神、埼玉西武の3球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

151キロ

東洋大の羽田野温生投手は156キロの速球を投げる投手として、今年のドラフト候補として注目されている。

この日は8回から登板すると、最初の打者の時に最速151キロを記録した。9回にはホームランを浴びるなど2回2安打1失点に、「投げる前のブルペンでは、テークバックを小さく修正しようとしながらで、制球は100点満点で10点。ファウルを打たせようと思って投げたのが、指のかかりもよくなかったので打たれた」と反省をした。

それでも、この日視察をした阪神の吉野スカウトは「この時期は、体調が悪いとかけがではなく、初戦で150キロが出ていれば十分」と評価した。

ホームラン

また、4番を打つ打撃の良い捕手として注目される神奈川大の土井克也捕手は、この日は4番DHで出場すると、7回ノーアウト1塁の場面でレフトに2ランホームランを放った。「今年は浮いた変化球を確実にとらえるようにしたいと思っていて、抜けたスライダーをうまく打てた」と話した。

土井選手は181cm85kgの捕手で、唐津商の時に谷繁2世として注目された捕手で、昨年は4番としてチームを明治神宮大会に導き、中部学院戦で4打数4安打3打点、慶応大戦でも2安打を打っている。

羽田野投手は、今年の投球次第では甲斐野投手のように評価されることが期待される。また土井選手は大学屈指の強打の捕手で、守備も安定をしている。この日はDHでの出場だったが、マスクを被ったところで見たい。大学NO.1捕手ではないかと思う。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東洋大の最速156キロ右腕、羽田野温生が151キロ 初オープン戦をプロ3球団が視察/東都
東都大学野球の東洋大は26日、川越市のグラウンドで今季初のオープン戦を行い、神奈川大(神奈川大学リーグ)に4-3で勝利した。今秋ドラフト候補の最速156キロ右腕…

オフのテーマを「ベース板で強い真っすぐに」と置いている中、テークバックにも注意を払ってのマウンドだから、対打者というところで万全にはいかない状況。プロ3球団が視察し、阪神・吉野スカウトは「この時期は、体調が悪いとかけがではなく、初戦で150キロが出ていれば十分」とうなずいた。

プロ注目の〝打てる捕手〟神奈川大・土井が2ラン
神奈川大学野球リーグの神奈川大は26日、川越市の東洋大グラウンドで東洋大(東都)とオープン戦を行い、プロ注目の土井克也主将(3年)が2ランを放ったものの、試合は…

昨年の明治神宮大会に出場。181センチ、85キロで右打ち。強打の捕手として注目を集めている。この日は4番・DHで出場して、七回無死一塁、右投手から左越えに豪快な2ラン。楽天、阪神、西武と3球団のスカウトが視察する中での〝今季初アーチ〟で、4月2日に開幕する春季リーグ戦での注目度は高まる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント