2014年のドラフトシーズン開幕、安楽智大投手中心のドラフトに

 開けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。2014年のドラフトはいろいろな事が起きそうな予感があります。特に済美・安楽智大投手はこの世代で世界でもトップクラスと評価され、国内では11球団が獲得に動き、メジャーも含めた争奪の競争となるかもしれません。

  2014年のドラフトのゆくえについては、高校生投手・野手編、大学生編、社会人編、プロ球団編として、それぞれまとめています。

 

 今のところ、安楽智大投手には阪神、福岡ソフトバンク、巨人が1位で狙っているという報道がされていますが、その年のNO1を狙う北海道日本ハムや、甲子園のスターを獲得したい東京ヤクルトやオリックスも含めて、今年序盤は地元出身大学生を狙う広島を除く11球団が名乗りを挙げるのではないかと思います。今年後半になりペナントレースでチームの課題が明らかになると、数球団は安楽投手の指名を回避し、前橋育英・高橋光成投手、早稲田大・有原航平投手や亜細亜大・山崎康晃投手、または横浜高・高濱祐仁選手やJX-ENEOS・石川駿選手、早稲田大・中村奨吾選手などに方針転換をする球団も出てくるでしょうが、安楽投手中心のドラフトとなるのは間違い無いでしょう。

 

 今秋のドラフト候補には、安楽以外にも好投手がひしめいている。高橋(前橋育英高)は最速148キロの直球にカーブ、スライダー、フォーク、ツーシームと変化球も多彩で完成度が高い。「メジャーは今はないし、進学は全く考えていません」と国内プロに進路を絞っている。

 大学ナンバーワンは、常時150キロ超の直球を投げる有原(早大)。昨秋の東京六大学リーグでは3勝1敗、防御率0・72と安定した成績を残し、不動の1位指名候補になった。東都大学リーグで5連覇中の亜大のエース、山崎は「短いイニングなら、すぐにプロでやれる」と評価が高い。また島袋(中大)、山崎(明大)、石田(法大)の左腕トリオも注目を集めている。


PAGE TOP