東京ヤクルト、ドラフト1位候補に桐光学園・松井裕樹投手

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 東京ヤクルトが来年のドラフト1位候補に桐光学園・松井裕樹投手をリストアップしている事が分かった。球団幹部が「来年の筆頭候補になる」と話し、密着マークを続けている。

 来年のドラフトについて球団は即戦力投手を指名する方針を固めている。そしてその中でも「関東の選手は重点的に見て行こうという話をした」と、地元東京を中心に関東の目玉選手の獲得を目指す方針で、147kmを投げる松井投手は即戦力と評価しているようだ。

 もちろん他にもJR東日本・吉田一将投手なども日大時代に神宮で活躍するなど候補として挙がってきそうだが、今年、藤浪晋太郎投手という甲子園のスター選手を獲得できなかっただけに、甲子園のスター選手である松井投手が同じくらいの評価であるならば、松井投手を獲得したいようだ。

 松井投手には巨人のほか、地元横浜DeNAも獲得を狙っており、早くも関東の球団同士で獲得競争が始まっている。

東京ヤクルト、1位候補に桐光・松井 - ニッカンスポーツ紙面:2012/12/3

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント