東京ヤクルト、ドラフト2位の吉田大喜投手と仮契約、登録名はフルネームで

吉田大喜

東京ヤクルトは、ドラフト2位で指名した日本体育大の吉田大喜投手と、契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約を交わした。背番号は28。

フルネームで登録

吉田大喜投手は最速152キロの速球とスプリットが武器で、日米大学野球では5試合すべてに登板して1点も与えず、メジャー予備軍に防御率0.00の結果を残した大学代表の絶対的中継ぎだった。リリーフであれば、今年の福岡ソフトバンク、甲斐野投手くらいの活躍ができると予想するが、先発としても力は十分で、「先発だったら2桁以上勝ちたい。将来的にはタイトルを獲れるなら何でも欲しい」と話した。

そして吉田大喜投手は、フルネームで登録されることになった。チームには昨年のドラフト8位で入団をしている内野手の吉田大成選手がいるためで、漢字4文字の登録は異例となる。また背番号は28に決定。これも今年までブキャナン投手が付けていた背番号で、まだ退団が決まっているわけではなく、ブキャナン投手とは契約交渉を続けているという。ブキャナン投手と契約した際には、ブキャナン投手の背番号が28から変わる。

今年の即戦力右腕としては、明治大の森下暢仁投手(広島ドラフト1位)と共にトップクラスと思っている。東京ヤクルトは2位の一番最初の指名で吉田投手を指名し、奥川投手と共に1位級の投手を二人獲得することができた。注目されるのは奥川投手かもしれないが、吉田投手もかなり期待できる。来年の活躍が非常に楽しみだ。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧
東京ヤクルトスワローズのドラフト指名予想

中・高の体育の教員免許を取得するため母校・大冠(大阪)での教育実習を終えた“先生”は「先発だったら2桁以上勝ちたい。(将来的には)タイトルを獲れるなら何でも欲しい」と決意を述べた。

契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約した。チームには吉田大成(たいせい)内野手が在籍しており、球場では異例のフルネーム4文字で表示されることになった。


PAGE TOP