ニッカンスポーツが全国のピカイチ投手特集、注目投手に関東一・中村祐太投手など、特A評価は松井裕樹投手と安楽智大投手の2人

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 ニッカンスポーツが毎年恒例、高校野球の全国の「ピカイチ投手」特集を行っている。47都道府県のNO1投手を紹介しておりランク付けをしている。

 特Aランクが付いているのは神奈川の桐光学園・松井裕樹投手と愛媛の済美・安楽智大投手の二人。Aランクは東東京の関東一・中村祐太投手や静岡の聖隷クリストファー・鈴木翔太投手、星稜の岩下大輝投手など10名となっている。

 記事の中で関東一・中村祐太投手について、中日・中田スカウト部長が「本来のホップする、球速以上に感じる球に戻ってきた」とコメントしたことを紹介している。中村投手は1年生の秋に決勝で帝京高校を1安打完封するなど、球速は130km/h台だが伸びる球で空振りを奪い、期待された投手だった。しかし、センバツ大会前に股関節を剥離骨折しており、大会ベスト4まで導いたものの、その後3ヶ月は登板できず、昨年夏はほとんど登板できなかった。

 6月に桐光学園と練習試合を行い、松井裕樹投手に投げ勝ち実力を示した中村投手、ドラフト候補として指名の可能性が高い。

関東一・中村、松井に投げ勝った男  - ニッカンスポーツ紙面:2013/7/4

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント