横浜高・浅間大基選手、高濱祐仁選手が東海大相模の投手陣に完敗、二人の競争はプロの舞台へ

東海大相模, 横浜高, 青島凌也, 高濱祐仁, 浅間大基, 小笠原慎之介, 吉田凌

 高校野球神奈川大会ではドラフト注目打者、浅間大基選手、高濱祐仁選手を擁する横浜高校と、青島凌也投手、佐藤雄偉知投手、吉田凌投手、小笠原慎之介投手と4人の140km/h投手を擁する東海大相模が準決勝で激突した。

青島凌也投手が二人を抑える

 相手を分析して丸裸にし横浜高校を強豪チームにした小倉清一郎コーチは、青島凌也投手の対策として高濱祐仁にインコースを狙うように指示をした。高濱選手と青島投手の力量を比べての指示だったと思うが、青島投手がその上を行った。

 高濱選手は「インコースを狙って行けと言われたのに打てなくて、頭を切り替えてアウトコースを狙ったんですが、結局打てなかった」と青島投手のインコースのストレートを打てずに負けを認めた。

 東海大相模は2年生の吉田凌投手、そして最後は小笠原慎之介投手がそれぞれ140km/h中盤の速球を投げ、高濱祐仁選手を5打数1安打4三振、浅間大基選手を5打数1安打2三振に抑え込んだ。

 青島凌也投手は6回を投げて5安打5奪三振2四死球で2失点、吉田凌投手は2回2/3を投げて7安打5奪三振2四死球で1失点、小笠原慎之介投手は1/3を投げて146km/hを記録、最後の打者を抑えた。

 

常に注目の二人はプロへ

 1年生の時から注目された浅間大基選手と高濱祐仁選手、2年夏は桐光学園・松井裕樹投手からアベックホームランで攻略しその勢いで甲子園出場を決めると、高濱選手は甲子園でホームランを放ったし、浅間選手も5打数5安打を記録して話題となった。

 そして今年もセンバツでは初戦で敗れたものの2度目の甲子園出場をしている。実績としては申し分ないのだが、最後の夏に小倉コーチを甲子園で送り出す事がかなわなかった。小倉コーチからは試合後に「浅間と高濱が打っていれば勝てた」と言われ、二人は涙が止まらなかったようだ。

 試合後に高濱選手はプロ入りについて「いけるならいきたい」と話した。今年もっと成績を残すことができれば、ドラフト1位確実にもなったはずだが、今のところは上位候補といったところで2位、3位当たりでの指名となりそうだ。

 浅間大基選手は泣き崩れて取材に応じられずに球場を後にした。浅間選手もプロ入りの意思がある。今大会も好調を維持しドラフト1位候補となっている。

 東の浅間は高校通算31本塁打、西の高濱は32本塁打で終わった。二人の競争は舞台をプロ野球に移して続いていく。

 1年間イメージし続けてきた配球で相手の主砲を打ち取った。東海大相模のエース青島凌也(3年)の意地だった。同点の5回1死一塁。打席には横浜4番・高浜。直球で追い込むと、外のカットボールで3球三振。バットは空を切った。プロ注目のスラッガーに仕事をさせず、6回5安打2失点と好投した。

 高浜は第1打席から4打席連続空振り三振。すべて外角の変化球を振らされた。九回に意地の左前打を運んだものの、七回2死一、三塁を含めて3度、走者を置いて倒れ「自分が打てなくて、迷惑をかけた3年間だった」と、目を潤ませた。

 浅間も2三振を喫し、内野安打1本。準々決勝まで打率6割超、3本塁打の打棒は鳴りを潜めた。試合後は号泣。取材にも応じられず、スタッフに抱きかかえられるように、球場を後にした。

 1年生から主軸を務め、合わせて高校通算63発。甲子園にも2度出場した。最後の夏は無念の結果になったが、高浜が「行ければ行きたい」と話したように、2人ともプロ志望は強い。わずかの休息の時を経て、次は最高峰の世界に挑む。


PAGE TOP