遊学館・小孫竜二投手に2球団スカウトが評価、金沢に逸材

遊学館, 小孫竜二

 春季石川大会の1回戦で、遊学館が翠星高に12-0で5回コールドで勝利した。146km/h右腕・小孫竜二投手に、巨人・オリックスのスカウトが視察した。

146km/h右腕に2球団注目

 小孫竜二投手は178cm81kgの投手で最速は146km/hを記録する。昨年秋の3回戦で金沢高校に4回途中で5失点して敗れてから、投球フォームを磨き、体力を付け、146km/hを記録するようになった。

 この日は3回を投げて最速は144km/h、ノーヒット4奪三振で四死球も0と完璧に近い投球を見せた。この試合を視察した巨人・井上真二スカウトが「真っすぐは力強い」と話すと、オリックス・由田慎太郎スカウトも「夏にはスピードも上がってくるのでは」と話した。

 まだスカウトが目を見張るような投球では無かったかもしれないが、素質の高さを評価している。

 

石川に3人のプロ注目投手

 今年は遊学館に小孫投手がおり、星稜には2年時から投打に活躍を見せていた谷川刀麻投手、そして金沢高校には147km/hの速球を投げる竹田和真投手がおり、プロのスカウトも注目をしている。

 小学生の時の石川選抜で一緒だったという3人が、石川県を代表する3強のエースとなり、春、そして最後の夏を戦う。勝負の行方、そしてその先の進路にも注目されそうだ。

2015年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

 スタンドからは巨人とオリックスのスカウトが熱視線を送った。巨人・井上真二スカウトが「真っすぐは力強い」と評価したように外野に打球が飛ぶことはなかった。同スカウトのスピードガンではこの日の最速は144キロ。オリックス・由田慎太郎スカウトも「夏にはスピードも(さらに)上がってくるのでは」と期待した。


PAGE TOP