花咲徳栄、5年連続プロ野球選手誕生へ、韮澤雄也選手と橋本吏功選手に期待

花咲徳栄, 野村佑希, 井上朋也, 韮澤雄也, 橋本吏功

今年のドラフト会議でも、日本ハムに2位で野村佑希選手が指名された花咲徳栄、来年は韮澤雄也選手、橋本吏功選手に、5年連続プロ誕生の期待がかかる。

5年連続プロ誕生へ

花咲徳栄からは2015年のドラフト会議で大瀧愛斗選手が西武にドラフト4位で指名されると、2016年には高橋昂也投手が広島に2位で、岡崎大輔選手がオリックスに3位で指名された。2017年は西川愛也選手が西武に2位で指名され、清水達也選手が中日に4位で指名された。

そして今年は野村佑希選手が北海道日本ハムに2位で指名されており、4年間で6人が、いずれもドラフト4位までの高い順位で指名されている。

他にも、2013年に若月健矢選手がオリックスに3位で指名されたほか、2014年は指名が無かったものの、楠本泰史選手が東北福祉大経由で2017年に横浜DeNAに8位で指名されている。

その花咲徳栄では、来年も遊撃手の韮澤雄也選手と、恐怖の2番・橋本吏功選手選手がおり、プロが注目している。韮澤選手は3番ショートで出場し、今年の甲子園でも2試合で5打数2安打、4つの四死球を獲得し4番の野村選手にチャンスを作った。またショートとしても守備も目を見張るものがあり、その動きにプロのスカウトも注目している。また、橋本選手も50m6.0秒の足があり2番を打つが、高校通算21本塁打のパンチ力があり、夏の甲子園では横浜高の及川雅貴投手からホームランを放っている。

6年連続も

そして花咲徳栄では、来年もプロ注目選手がいる。井上朋也選手は入学時から注目されると春からホームランを量産し現在通算16本塁打、今夏は野村選手などがいたためライトで出場していたが、来年はサードを守り「4番サード」として出場をする。

夏の甲子園では横浜高校戦で9回裏に2点を追い上げ、なおもチャンスで打席に入ったが、三振に倒れ最後のバッターとなった。泣き崩れる中で3年生に抱えられながらベンチに向かう姿を見せており、来年は大きく飛躍が期待される。「責任あるポジション。チームに迷惑をかけないようにプレーしたい」と話し、「来年で50本に乗せたいです」と話した。

野村選手は高校通算58本塁打を打った。主軸4人合わせても現時点での合計本塁打は50本で「野村さん一人にも及ばない」と話すが、野村選手は「打線は新チームの方が強力かもしれません」と話す。確かにそんな気がする。

99回大会では夏の甲子園優勝をしたが、100回大会ではそれがかなわなかった。101回目の夏は今度は花咲が優勝を手にする事ができれば、西の大阪桐蔭、東の花咲徳栄という構図になっていくかもしれない。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今秋は県大会3回戦で埼玉栄に逆転負けを喫したものの、高いレベルの打撃を見せていた。プロ注目の韮沢雄也内野手(2年)が今夏に引き続き「3番・遊撃」で固定される。「自分が決めるというより、つなぐ意識で打ちたい」と広角に打ち分ける。


PAGE TOP