京都のドラフト候補投げ合いに巨人、DeNA、楽天、日本ハムが視察

京都翔英, 京都国際, 遠藤慎也, 酒井海央

春季高校野球京都大会では、147キロの速球を投げる京都国際の酒井海央投手と、145キロの速球を投げる京都翔英の遠藤慎也投手が投げ合った。

4球団が視察

京都国際の酒井海央投手は最速147キロの速球に、スライダー、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球も操る投手で、昨年秋の近畿大会にも出場している。この日は初回に3ランホームランを浴びるなどしたもののその後は落ち着いた投球を見せ、9回を投げて7安打4失点で完投勝利した。

対する京都翔英の遠藤慎也投手も最速145キロを投げ、こちらはゆったりとしたフォームからカーブとの緩急で勝負をする。この日は4-0とリードしていが5回に満塁ホームランを浴びるなど7回5安打5失点、4-5で敗れ「野手のみんなに申し訳ない。次は投げ勝ちたい」と話した。

この日はドラフト候補右腕の投げ合いに巨人、横浜DeNA、東北楽天、北海道日本ハムのスカウトが姿を見せた。京都翔英には横浜DeNAの山本祐大選手の弟で注目のスラッガー・山本仁選手もいたが、この日は4打数1安打、「夏に悔しい気持ちを晴らしたい」と夏に勝利することを誓った。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト

この日は巨人、DeNA、楽天、日本ハムの4球団が視察。同じくプロ注目の京都翔英・山本仁左翼手(3年)は4打数1安打だった。


PAGE TOP