夏の高校野球・埼玉大会の組み合わせ決定、春日部共栄・花咲徳栄・東農大三など注目

井上朋也, 和田朋也, 韮澤雄也, 米山魁乙, 村田賢一, 中島斗唯, 飯島一徹, 豆田泰志, 橋本大樹, 三田隼輔, 和田光

夏の高校野球・埼玉大会の組み合わせが決定した。埼玉大会の展望をまとめます。

スポニチ

昨秋、今春の県王者・春日部共栄がエースで4番の村田賢一中心に春夏連続甲子園狙う。5年連続出場を目指す花咲徳栄は投手が鍵。昨夏南埼玉代表の浦和学院は個々の能力が高い。今春関東大会4強の山村学園・和田朋也、昌平・米山魁乙の両左腕、東農大三の飯島一徹、川口市立・中島斗唯の好投手にも注目。

日刊

エース右腕・村田賢一を擁し昨秋、今春の県大会を制した春日部共栄の実績は群を抜く。強力打線の花咲徳栄や今春関東大会4強の山村学園、2枚の主戦級投手をそろえる浦和実と東農大三が対抗馬。ノーシードの浦和学院も注目。

スポーツ報知

混戦から、花咲徳栄は韮澤雄也井上朋也らの強打で5年連続切符に届くか。春関東4強の山村学園は左腕・和田朋也を軸に初出場を狙う。秋春連覇の春日部共栄、ノーシードの浦和学院も力は十分。春準Vの浦和実、春4強の東農大三に、好投手を擁する昌平、川口市立も不気味。

また、日刊スポーツでは埼玉大会について、山村学園は技巧派左腕・和田朋也、強肩の橋本大樹捕手のバッテリーが軸。三田隼輔豆田泰志の右腕2枚を擁する浦和実、145キロ右腕・飯島一徹投手とショートとサイド右腕の二刀流・井口真之介選手のいる東農大三、143キロ左腕の昌平・米山魁乙、左腕・和田光のいる市川越などを取り上げ、また韮澤雄也井上朋也のいる花咲徳栄は打線は全国レベルとしている。

本命は春日部共栄!花咲徳栄V5なるか/埼玉展望 – 夏の地方大会 : 日刊スポーツ

2019年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP