青森山田の148キロ右腕・堀田賢慎投手に阪神など7球団が視察

青森山田, 堀田賢慎, 石塚綜一郎, 黒沢尻工

青森山田が黒沢尻工の80周年記念招待試合で対戦し、プロ注目の148キロ右腕・堀田賢慎投手が、9回1失点で完投勝利、146キロを記録した。

阪神が評価

堀田賢慎投手は最速148キロの速球を投げるが、この日も勝負所でストレートを投げ最速146キロを記録、9回を投げて8つの三振を奪った。「勝負所でインコースを投げられるか」とテーマを決めて臨んだ投球でしっかりと投げられた。

この日は雷雨で試合が一時中断するなどしたが、集中力を切らさずに投げ続け、9回1失点で完投で勝利した。「体力がもったので、そこは収穫」と話した。

この日は、ドラフト候補捕手の、黒沢尻工の強肩強打の捕手・石塚綜一郎選手もいるとあり、7球団のスカウトが視察、その中で阪神は畑山統括スカウトと担当の葛西スカウトの2名で視察した。葛西スカウトは「もともと投げ方も良かった。まだまだ伸びしろもある」と話し、昨年秋は最速140キロだった堀田投手の成長を評価していた。

2019年度-高校生-青森県のドラフト候補リスト
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

今秋ドラフト候補の青森山田・堀田賢慎投手(3年)が9回1失点と好投した。阪神など7球団のスカウトから視線を受けながら、自慢の直球を軸に8奪三振。最後の夏を控える中、アピールに成功した。


PAGE TOP