青森大会の組み合わせが決定、青森山田・堀田賢慎投手は148キロ

堀田賢慎, 武岡龍世, 沢田吉伸, 下山祐輝, 古川稜人

夏の高校野球・青森大会の組み合わせが決定した。各紙の展望に載っている選手の紹介をします。

スポニチ

今春センバツに出場した八戸学院光星は、プロ注目の武岡龍世ら中心に打線が力強い。ノーシードから3季連続甲子園を目指す。今春県Vの青森山田は151キロを誇るエース堀田賢慎を軸に結束。同準Vの弘前学院聖愛の左腕・下山祐輝古川稜人沢田吉伸の2枚看板を擁する弘前東、春県4強の青森商にも注目だ。

日刊

3強の争い。今春の東北大会を初制覇した弘前学院聖愛は打線のつながりが魅力。春県Vの青森山田も最速148キロ右腕・堀田賢慎ら投手陣が安定。センバツ出場の八戸学院光星は武岡龍世内野手ら攻守にバランスが良い。弘前東も続く。

報知

昨秋の東北王者・八戸学院光星、今春東北大会優勝の弘前学院聖愛、そして春の県大会王者・青森山田と、高いレベルの3強が優勝争いの中心だ。順当なら光星と山田は3回戦で激突。両校とも勝って勢いを増したい。三沢商、青森商の公立校もつながる打線で逆転を狙う。

2019年度-高校生-青森県のドラフト候補リスト


PAGE TOP