栃木大会の組み合わせが決定、作新学院が9連覇を狙う

松倉亮太, 林勇成, 古内大陽, 小幡直哉

夏の高校野球・栃木大会の組み合わせが決定した。各紙の展望に載っている選手の紹介をします。

スポニチ

作新学院は投手の層が厚い。県9連覇へ打線の援護が鍵。作新学院の連覇阻止へ対抗筆頭は佐野日大。昨秋から県内公式戦無敗と勢いに乗る。今春の県準Vの栃木工は古内大陽小幡直哉の2枚看板で夏初優勝を狙う。春県4強の文星芸大付、国学院栃木や青藍泰斗など実力きっ抗しており混戦必至。

日刊

9連覇を目指す作新学院が軸となる。林勇成投手をはじめ、甲子園経験者がそろう。対抗は昨秋、今春の覇者佐野日大。春はエースの松倉亮太投手をケガで欠く中で地力を見せ優勝。春準Vの栃木工など、県立校の台頭に期待だ。

報知

V9を狙う作新学院に、秋春連覇の佐野日大が立ちはだかる。平成元年夏に開幕戦完封&大会1号で聖地を沸かせた元阪神の麦倉監督が令和元年に凱旋なるか。文星芸大付、国学院栃木も実力は僅差。栃木工、青藍泰斗、宇都宮工、白鴎大足利が混戦に拍車をかける。

2019年度-高校生-栃木県のドラフト候補リスト


PAGE TOP