星稜1年・中田達也選手がサヨナラ3ラン、小学生時代ゴルフ注目選手でベストスコア71

星稜高, 中田達也

秋季高校野球石川大会では、準決勝で星稜が金沢商にサヨナラで勝利、1年生で5番を打つ中田達也選手が3ランホームランを放った。

注目ゴルフ選手

星稜高校はこの日、8回まで0-0と金沢商と厳しい戦いをしていた。そして9回、1アウト1,2塁で5番に入っている1年生の中田達也選手が打席に入ると、ライトオーバーのサヨナラ3ランホームランを放ち勝負を決めた。星稜は3番・知田爽汰選手、4番・内山壮真選手と甲子園でも活躍した強打者が並ぶが、この日は風が強く、散発の4安打に抑えられ、ホームランは難しい状況だった。しかし、中田選手の打球はスタンドへと消えていった。

中田選手は小学生まではゴルフをしており、ドライバーの飛距離は300ヤード、ベストスコアは71だったという。中部小学生北陸地区予選で優勝をしたこともあるという。しかし元々憧れていた野球選手という道を選び、中学生から加賀ボーイズに入って野球をはじめると、星稜高校に進み1年秋には5番を打つスラッガーとなった。

ゴルフでは右で打つが、野球では左で打つ。「右打ちの下の振りは、野球の左バッターの手首の返し方にも似ている」と話し、ゴルフの打ち方をバッティングに生かしている。林監督も「この風では難しいと思ったが、中田はバットが振れている。スイングスピードはチームで1、2番目に速い子です」と話し、5番に起用をして期待を示す。

左の大砲として大きく育ってほしい。楽しみな選手が出てきた。

星稜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2021年度-高校生のドラフト候補リスト

将来を期待される少年ゴルファーだったが、幼少時から巨人ファンで「ゴルフをはじめる前から、プロ野球を見ていて『野球ってかっこいいな』と思っていた」。中学入学と同時に、加賀ボーイズに入団して野球を始めた。

 ゴルフは右打ちだが、野球は左打ち。ゴルフのスイングは「右打ちの下の振りは、野球の左バッターの手首の返し方にも似ている」と野球のバッティングにも生かされているという。


PAGE TOP