センバツでプロのスカウトが見たかった投手

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

中止となったセンバツ大会で、プロのスカウトがピックアップした、視察候補リストが某夕刊紙に掲載されており、その選手について紹介します。

スポンサーリンク

プロのスカウトのリスト投手編

選手名学校名特徴紹介
向坂優太郎仙台育英左左 181/78最速141キロを記録
昨年秋は8試合38回を投げて45奪三振
防御率2.84で東北大会優勝の立役者
下慎之介健大高崎左左 183/82141キロのストレートの伸び抜群、左打者の内角に決める
外角のスライダーとのコンビネーション抜群
橋本拳汰健大高崎右右 190/87142キロの速球を投げおろす
秋の関東大会・山梨学院戦で初完投初完封勝利
宮下宝桐生第一左左 175/73ストレートは120キロ台中盤も
多彩な変化球で好投見せる
寺西成騎星稜右右 186/79最速146キロ、2年秋は32回を投げて42奪三振
防御率1.13の好投を見せた
高橋宏斗中京大中京右右 184/75最速150キロを記録しているドラフト上位候補右腕
大学進学志望だがプロ志望の可能性も
松島元希中京大中京左左 164/71小柄な左腕だが最速は147キロを記録
インコースをえぐる
藤江星河大阪桐蔭左左 177/74最速は141キロ、伸びのあるストレートと
チェンジアップのコンビネーション
岩崎峻典履正社右右 176/76最速145キロのキレの良いストレート
カットフォールも良く、昨秋は49回を投げて
49奪三振、自責点9で防御率1.65と安定
中森俊介明石商右左 181/79最速151キロを記録のドラフト1位候補右腕
昨年は春・夏ベスト4入りの立役者。
小林樹斗智弁和歌山右右 182/79昨年センバツで140キロ後半の抜群のキレ球
衝撃的な全国デビュー
若杉晟汰明豊左右 170/70最速は142キロ、1年秋に51奪三振を記録
伸びのあるストレートが魅力
川瀬堅斗大分商右右 185/78最速は147キロ、スライダー、チェンジアップ◎
2年夏も素晴らしい投球見せドラフト上位候補
八方悠介鹿児島城西右右 180/74最速146キロ、秋は43回を投げて30奪三振
防御率1.47と安定
遠投120mの強肩と50m6.1秒の身体能力も魅力
前野将輝鹿児島城西右右 182/73最速は143キロ、高校生では打てないスライダー
秋は32回で36奪三振、防御率0.84

リストを「極秘指名リスト」として某夕刊紙は掲載しているが、センバツで注目されるのは確実な投手たちだった。

またこの新聞は夏の甲子園開催を反対しており、高野連の夏の甲子園をあきらめない姿勢を「思い上がり」と批判している。

2020年のドラフト候補
2020年のドラフト候補選手一覧です。それ以前のドラフト候補一覧は下の方にあります。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント