近江が3連覇、土田龍空選手選手はノーヒットも巨人スカウト評価

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

滋賀大会では近江が3連覇を果たした。1年夏から3連覇を経験している土田龍空選手は、「3連覇の目標は達成できてよかった」と話した。

スポンサーリンク

3打数ノーヒット

1年生の夏からショートで出場している土田龍空選手、近江で夏に負ける事なく高校野球を終える。

しかしこの夏は過去2年とは違い、優勝の先に甲子園のない大会だった。モチベーションをその先のプロに向け、この大会は木製バットで臨んだが、この日も3打数ノーヒットに終わり、「この大会はうまくいかなくて苦しんだ」と話した。

それでもこの日は2球団が視察したが、巨人・渡辺スカウトは「守備は安定している。肩も強いしコントロールもいい。あとはどこまで打てるか」と、定評の守備を改めて評価した。

土田選手は「ミートも全然できてなかった。この悔しさを練習に生かしたい」と話し、打撃を磨いていくと話した。

打撃についてはあまり気にしていない。プロでもショートとして起用できるかどうかが評価のポイントで、土田選手はそれはクリアしているとみられる。打撃は試合に出場することでついてくると思う。ドラフト会議では3位前後で指名されそうだ。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
滋賀県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
滋賀県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

「3連覇の目標は達成できてよかった。この大会はうまくいかなくて苦しんだ」と振り返った。木製バットで臨んだが「ミートも全然できてなかった。この悔しさを練習に生かしたい」と話した。2球団が視察し、巨人渡辺スカウトは「守備は安定している。肩も強いしコントロールもいい。あとはどこまで打てるか」と語った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント