三菱自動車倉敷オーシャンズが東京スポニチ大会制覇、廣畑敦也投手が2試合に登板でMVP、千葉ロッテ評価

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

東京スポニチ大会は準決勝と決勝が行われ、三菱自動車倉敷オーシャンズが明治安田生命に勝利して優勝した。154キロ右腕の廣畑敦也投手は、準決勝、決勝の2試合に登板した。

スポンサーリンク

2試合に登板

廣畑敦也投手は準決勝のHonda戦で1-0で迎えた8回途中から登板すると、1回2/3を投げてノーヒット2奪三振のパーフェクトピッチングを見せ、決勝進出を決めた。

そしてその決勝戦も8回まで0-0の投手戦が続く。そして9回、三菱自動車倉敷オーシャンズが2点を奪うとその裏に廣畑投手が登板し、1回を1安打無失点に抑えた。同じ日に行われた準決勝、決勝の2試合で登板し、それぞれ無失点に抑え、チームを優勝に導いた。

廣畑投手はMVPに選ばれた。昨年の都市対抗で若獅子賞を獲得しており、これで社会人野球の大会で2大会連続の大きな賞の受賞となった。ただし昨年の都市対抗ではJFE東日本戦で完投勝利を挙げたものの変化球など課題も多く、受賞をした時は「なぜ自分なんだ」と感じたという。

オフは変化球を磨き、三振を奪うこと、打たせて取る事で投げ分けができるようになった。この日の決勝も、150キロの速球で追い込むと、最後は138キロのスライダーでライトフライに打ち取った。

この日視察した千葉ロッテの榎チーフスカウトは「気持ちを出してストライクを投げ込んで、三振という結果を出したのは立派」と評価した。これで社会人野球日本選手権への出場権を獲得し、再び全国の舞台に立つことができる。

そこで昨年都市対抗よりも良いピッチングを見せて、プロ入りをグッと近づけたい。

2021年度-社会人投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【社会人野球】東京スポニチ大会の組み合わせと注目選手
3月8日に開幕する東京スポニチ大会の組み合わせが決定した。対戦カードと注目選手を紹介します。

昨冬の都市対抗では、1回戦で自己最速の154キロを計測して前年覇者のJFE東日本を相手に1失点完投で全国デビューを果たした。若獅子賞(新人賞)を受賞したが、変化球を使いこなせず「なぜ(受賞が)自分なんだ」と思ったという。

ドラ候補 広畑MVP スポーツ報知紙面 2021/3/13

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント