大阪桐蔭・花田旭選手が場外弾など3安打、大学進学を目指す

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

186cm82kgのスラッガーとしてプロも注目する花田旭選手が、春季大阪大会決勝の近大付戦で6打数3安打4打点、場外ホームランも記録した。関戸康介投手は2回をピシャリと抑え、188cmの2年生右腕・川原嗣貴投手も好投を見せた。

スポンサーリンク

大学進学目指す

花田旭選手は186cm82kgの右の大砲で、遠投110mの肩に50m6.2秒の足もある身体能力に優れた選手。センバツでは6番ライトで出場をしていたが、今大会では4番を任されている。

この日の近大付との決勝戦では1回、2アウト2塁の場面でレフトフェンス直撃の先制3ベースヒット、2回にはノーアウト1,3塁の場面で、左中間フェンス直撃のタイムリー2ベースヒットを打つ。

そして最後は7回、2アウト1塁の場面で放った打球は、レフトスタンドをはるかに超える場外への2ランホームランだった。単打が出ればサイクルヒットだったが、6打数3安打4打点、どの当たりも痛烈な打球だった。

踏み出す足を投手よりに変えたことで、内角の球を打てるようになった。「1、2回戦で打てなくて仲間からプレッシャーをかけられたけど、最近は4番の仕事ができていると思います」と4番での仕事もできるようになっている。通算本塁打はまだ9本だが、準々決勝でホームランを放つと、この日の決勝でも2本目とホームランもではじめている。

大型の右のスラッガーで、身体能力も高くプロも注目するが、花田選手は大学進学を目指しているという。この春、夏で大阪桐蔭の4番として活躍することで、これから更に注目される選手となる。

投手も安定

大阪桐蔭はこの日、敗れれば近畿大会出場を逃す試合だったが、2年生の川原嗣貴投手を先発万度に送った。188cm86kgの右腕投手で最速143キロを記録し、来年が非常に楽しみな右腕だが、今大会2回戦の堺東戦でデビューし、この日が公式戦3試合目だった。

その川原投手は、しっかりと腕を振り、5回まで無失点を続ける。5回終了後に雨のため1時間53分の中断となり、「気持ちのもっていき方は難しかった」と話したものの、「1回ゼロに戻して、また初回から」と、7回まで2安打5奪三振で無失点に抑えた。西谷監督も「ゲームをまとめる力がある」と評価し、「勝利をもたらす投球ができ、自信になった」と成長のマウンドとなった。

そして大阪桐蔭は8回から154キロ右腕の関戸康介投手が登板する。8回は2アウトからエラーでランナーを出したものの、三振で無得点に抑えると、9回は圧巻の三者三振で締めた。

これで近畿大会出場を決めた大阪桐蔭、センバツは初戦敗退となったが、強いチームを作り上げている。近畿大会ではセンバツで敗れた智弁学園へのリベンジなど、やることは残されている。関戸投手、花田選手、そして府大会ではベンチから外れている左のエース・松浦慶斗投手も入ってくるかもしれない。

近畿大会が非常に注目される。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

単打が出ていればサイクル安打だったが、8回の第6打席で二飛に倒れた花田は「それは気にしなかったです」と淡々としたもの。186センチ、83キロの右投げ右打ち。高校通算9本塁打で、今大会では2本目。初戦から2試合はヒットが出なかったが「最初は重圧があったけど、最近は4番の仕事ができているかな。仲間からプレッシャーをかけられました」と今なら笑って振り返られる。周囲はプロへ行ける素材と見ているが、花田は大学進学を目指している。

2回戦の堺東戦で公式戦デビューし、この日が3戦目。早くも大舞台で結果を残した。188センチ、86キロの体格を生かし「しっかり腕を振れた。(自己最速143キロに)近い球は投げられた」と手応えを感じている。

16点の大量リードのなか登板。8回は2死から失策で出塁を許すが、後続を三振に打ち取った。9回は3者連続三振で締め、チームは3年ぶり12度目の優勝を飾った。

大阪桐蔭 先発全員安打&全員打点で16-0の圧勝V 新4番・花田が場外弾含む3安打4打点の大暴れ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大阪で決勝があり、大阪桐蔭が近大付に16―0で圧勝し3年ぶり12度目の優勝。桜宮―関大北陽の3位決定戦はグラウンドコンディション不良のため中止となり両校3位となった。京都で優勝した京都国際と大阪桐蔭の2校を加え、22日から滋賀・皇子山で開催される近畿大会出場の8校が出そろった。
大阪桐蔭爆勝Vに貢献 4番・花田が場外弾含む3安打4打点/高校野球
 春季近畿地区高校野球大阪府予選(16日、大阪桐蔭16-0近大付、シティ信金スタ)大阪桐蔭が21安打16得点の圧勝で3年ぶり12度目の優勝を果たした。「4番・右翼」で出場した花田旭外野手(3年)が場外弾を含む3安打4打点と活躍した。
大阪桐蔭が圧巻の強さ 決勝で近大付に16-0で快勝 花田が場外特大弾/デイリースポーツ online
 「春季高校野球大阪大会・決勝、大阪桐蔭16-0近大付」(16日、大阪シティ信用金庫スタジアム) 五回裏から約2時間の中断を挟んだ一戦。大阪桐蔭は打線が猛打を発揮し、大量得点で優勝を決めた。
【高校野球】大阪桐蔭が3年ぶり優勝 プロ注目の花田旭が場外弾を含む3安打4打点
 大阪桐蔭が3年ぶり12度目の優勝を飾った。今大会から4番に座る花田旭右翼手(3年)が2ランを含む3安打4打点、先発全員安打&先発全員打点で圧勝した。春季府大会決勝では、1989年の近大付19―3上宮
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント