北海道日本ハム、ドラフト6位・田宮選手が盗塁阻止、西武・山野辺選手ホームランなどルーキーの活躍

福田俊, 万波中正, 藤原恭大, 野村佑希, 田宮裕涼, 海老原一佳, 山野辺翔

3月3日のオープン戦では北海道日本ハムはルーキー5人をお披露目した。また、その他の試合でもルーキーの活躍が注目された。

日本ハムルーキー5人お披露目

北海道日本ハムは昨年は高校生の多いドラフトとなっていたが、ドラフト2位で花咲徳栄の主砲だった野村佑希が7番サードで、ドラフト4位で横浜高校で注目された万波中正選手が9番ライトでスタメン出場をした。

共にノーヒットだったものの、横浜DeNAの主戦・今永投手やリリーフエースの山崎康晃投手などと対戦し、プロ1軍の主力投手と対戦できた。また万波選手はフェンス直撃性の当たりをジャンプしてキャッチする好プレーを見せていた。

また、この日は他にもドラフト6位で成田高校で4番捕手として注目された田宮裕涼捕手が7回からマスクを被り、8回には既にオープン戦で盗塁を決めているDeNA・宮本選手を刺した。このプレーに助けられたドラフト7位の福田俊投手も8回1イニングをノーヒット無失点に抑えると、育成ドラフト1位の海老原一佳選手も5回からレフトで出場、2打数ノーヒットも、プロ1軍投手の球を経験した。

打撃では野村選手も万波選手もまだまだという印象で、小園選手、藤原選手の所までは行っていない印象、しかし、日本代表クラスの投手の球を見た事で、今後の取り組み方が大きく変わってくるだろう。

その他のルーキーの活躍

埼玉西武のドラフト3位・山野辺翔選手はこの日、途中からセカンドに入ると、9回の打席でカウント2-1からの134キロのストレートとレフトスタンドに放り込んだ。「感触は行ったのかなと思った。ホームランになってよかった」と手ごたえを感じた。守備では7回1アウト満塁から6-4-3の併殺を完成できず1点を失い「ゲッツーを取らないといけない場面。守備を完璧にして、打撃につなげていきたい」と反省もした。

千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大選手はこの日、中日とのオープン戦で2番センターで出場すると、3回にはロメロ投手の151キロのストレートをセンター前にはじき返した。「プロの球を徐々にはじき返せてきました」と話し、大きなスイングでもバットに当たるようになってきている。また、走塁でも「リードは一歩分広がりました」と話し、キャンプで指導を受けて高校時からリードが広がったと話し、この日は、中村選手の左中間のベースヒットで一気にホームインをすることができた。大塚外野守備走塁コーチは、「加速力は凄い。スピードだけならすぐにも通用する」と話した。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名
2018年ドラフト会議 指名選手一覧


PAGE TOP