ソフトバンク・高橋礼投手好投、千葉ロッテ・藤岡裕大選手3試合連続ヒット

藤岡裕大, 高橋礼, 谷川昌希

ルーキーが各球団で力を見せている。福岡ソフトバンクのドラフト2位・高橋礼投手は実戦形式のシート打撃で7人に対しヒット1本と安定した投球を見せた。

サブマリン、真っすぐが走っていた

福岡ソフトバンクにドラフト2位で指名された高橋礼投手は、アンダーハンドの投手として1年目からの活躍も期待されている。

キャンプではB組に参加しているが、この日のシート打撃で、プロ初の実戦的なマウンドに登板をすると、打者6人目までをノーヒットに抑え、最後の牧原選手にセンター前ヒットを打たれたものの上々のスタートを切った。高橋投手も「ブルペンから真っすぐが走っていた。大学時代から真っすぐを武器にやってきて、指にかかったときはいいボールがいっていた。これからもアピールしたい」と話し、下からのキレの良いストレートを磨いていく。

このピッチングを続けられれば、貴重な変則投手という事もあり、A組にも呼ばれる事になるだろう。この春で開幕1軍のチャンスをつかめるか注目したい。

ルーキーの活躍

紅白戦での実践的な練習が続く千葉ロッテは、ドラフト2位ルーキーの藤岡裕大選手が、3試合連続となるヒットを打った。この日も1番遊撃手として出場すると、4打席はノーヒットに抑えられた。しかし9回の最終打席で、ノーアウト1,2塁からレフト前にヒットを打ち、3試合連続ヒットとなった。ドラフト1位の安田尚憲選手はサードで出場し途中からファーストを守った。打撃は3打数ノーヒットだった。

阪神の2軍は、韓国ハンファと練習試合を行い、ドラフト5位ルーキーの谷川昌希投手が1回をわずか9球で3人で抑えた。ホームラン性の当たりを打たれ、「あそこまで飛ばされることに問題がある。中継ぎでいくなら甘い球は投げてはいけない」と話したものの、まずは1回無失点で一安心、「変化球の感覚もだいぶ戻ってきたので、あとはセットポジションですかね」と話した。

実績のある社会人選手が調子を上げ、各チームのレギュラー争いも活気を帯びてくる。

2018年ルーキーの活躍一覧


PAGE TOP