11月に21Uワールドカップが台湾で開催、プロアマ混成の侍JAPANで望む

吉永健太朗, 大谷翔平, 藤浪晋太郎, 上原健太, 森友哉, 松井裕樹, 安楽智大

 今年11月に21Uワールドカップが台湾で開催される。21歳以下の野球選手で構成された各国の代表が対戦するもので、日本は藤浪晋太郎投手や大谷翔平投手といったプロ野球の選手と、早大・吉永健太朗投手や明大・上原健太投手、さらに安楽智大投手といった高校生も含めたアマチュアの選手が混成する侍JAPANとなる可能性がある。

 

野球関係者はプロアマ混成チームを明言

 スポーツニッポンによると、球界関係者が「日本はプロ・アマ混成チームを組んで出場する」と明言しており、NPB的にも時期的にもシーズンには影響がない。ただしシーズンオフとなり、シーズンをフルに戦った選手は出場辞退の可能性はある。プロ野球では今年20歳になる大谷翔平選手や藤浪晋太郎投手、それに高校生ルーキーの松井裕樹投手や森友哉捕手なども候補に挙がってくる。

 大谷選手や藤浪晋太郎投手は一昨年の18Uで6位に終わり悔しい思いをしており、松井裕樹投手や森友哉捕手も昨年の18Uで準優勝したもののアメリカには再び敗れて悔しい思いをしている。メジャーリーガーが出場する事はないだろうが、メジャー予備軍のアメリカを倒したいだろう。特に21Uとなると捕手の候補は少なくなる。プロでもこの世代で経験豊富な選手は少なく、大学3年生、または森友哉選手など国際大会を経験している選手が選出されそうだ。

 

アマチュアから選出されそうな選手

 アマチュアでは大学生が中心となりそうだが、大学日本代表は7月にハーレム大会に出場し、また11月は明治神宮大会と日程が重なる可能性もある。日程によっては有力選手が出場できない可能性もあり、2年生、1年生が中心となるかもしれない。ただし大学3年生の世代では、早大・吉永健太朗投手や明大・上原健太投手、福岡大・唐仁原志貴投手など注目選手がおり、2年生でも立教大・沢田圭佑投手や明治大・星知弥投手、柳裕也投手などが揃う。特に大学3年生は2015年のドラフト会議に向けてのアピールの機会となりそうだ。

さらに高校生では安楽智大投手、高橋光成投手、田嶋大樹投手などが選ばれる可能性もある。ドラフト会議後で今年のドラフトに影響する事は無さそうだが、プロ入り前の高校生が世界を相手にどんな戦いを見せるのか、藤波投手や大谷投手などに混じってどんなプレーを見せるのか楽しみだ。

 

 

 次世代を担う若き侍が今秋、台湾に集結する。21Uワールドカップは、IBAFが若手の底上げを目的に新設。WBC、来年3月に日本で第1回大会が開催予定の「プレミア12」に次ぐ国際大会として位置づける。球界関係者は「日本はプロ・アマ混成チームを組んで出場する」と明言し、NPB所属選手にも参加を要請する方針だ。

 出場資格は21歳以下だが、「オーバーエージ」として23歳以下の選手も3人まで同時出場できる。侍ジャパンを頂点に12歳以下のジュニア世代から一貫強化を目指す日本球界にとって、この世代による世界大会は、小久保監督の下で王座奪回を目指す2017年開催予定の第4回WBCに向けた試金石となる。

 中心となるのは、ルーキーイヤーの昨季、1軍で実績を残した日本ハムの大谷と阪神の藤浪だ。ともに高校3年時に18Uワールドカップ(韓国)に日本代表の一員として出場したが、6位という結果に終わった。「世界」のレベルを痛感したからこそ日の丸への思いは強い。大谷は昨年11月に侍ジャパンの強化試合をテレビ観戦し「いつか、自分もそういう選手(日本代表)になれればうれしい」と将来の目標に代表入りを掲げ、藤浪もかつて「国際舞台でプレーする機会があればぜひ投げたい」と話した。

 21U世代にはプロ以外にも、代表候補となりそうなアマチュアの選手も多い。

 明大の上原は1メートル90の長身で、15年ドラフトでは1位候補の本格派左腕。昨春のセンバツで準優勝した済美(愛媛)の157キロ右腕・安楽、昨夏の甲子園優勝投手となった前橋育英(群馬)の高橋も面白い存在だ。打者では明大の高山、慶大の谷田、青学大の吉田と強打の外野手トリオが力を持っている。


PAGE TOP