侍ジャパン社会人代表が千葉ロッテ2軍に敗れる

井口拓皓, 関谷亮太, 倉本寿彦

 アジア選手権に出場する侍ジャパン社会人代表は、この日は千葉ロッテの2軍と練習試合を行い、4-6で敗れた。先発した井口拓皓投手が4回途中6失点も、その後は投手陣が粘りを見せた。

まずまずの結果

 この試合では日本通運のエース・井口拓皓投手が先発をしたものの、3回1/3を投げて6安打4四死球で6失点と乱調だった。日本選手権2次予選で好投を見せ、代表の片山純一選手が肩を痛めて急遽代表入りしたものの、調整ができていなかったのか、井口投手らしからぬピッチングだった。

 しかしその後は、幸松司投手、関谷亮太投手、今村幸志郎投手などが無失点に抑えた。関谷亮太投手は2回2/3を投げて3安打2四球を許すも6つの三振を奪い、昨年ドラフト上位候補にも挙がった力を見せた。来年のドラフト上位候補となってゆきそうだ。

 打線では2番遊撃手として出場した日本新薬のドラフト候補・倉本寿彦選手が4打数2安打を記録、6回、8回のヒットは得点に繋がった。JX-ENEOSの石川駿選手は3打数ノーヒットだった。

 プロを相手に投手陣はまずまずの内容を残した。打線については林選手、松本選手が要所でタイムリーをヒットを記録して勝負強さを見せた。


PAGE TOP