ヤマハ、富士重工、Hondaが決勝トーナメント進出、社会人ドラフト候補の活躍

社会人野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東京スポニチ大会は予選リーグが3日目まで進んだが、雨天で延期された試合が残りまだ全ての試合が終わっていない。しかし各リーグで、ヤマハ、富士重工、Hondaの3チームが1位を決めて決勝トーナメント進出を決めた。

ヤマハが決勝トーナメント進出

 この日は勝った方が決勝トーナメント進出となるヤマハとJX-ENEOSの直接対決が行われ、ヤマハがかつて常葉菊川で全国制覇をした社会人7年目の戸狩聡希投手が、5回2安打無失点と好投した。石山泰稚投手、竹下真吾投手とエースがドラフト1位でプロ入りしたヤマハだが底力がある。

 一方、JX-ENEOSは高梨雄平投手が6回を4安打1失点と好投したものの、打線が好投に応えられなかった。共に東京六大学で戦ってきた糸原健斗選手は3番を打ち3打数1安打、岡部通織選手は4番を打ち3打数ノーヒットだった。

 セガサミーは昨年秋の日本選手権準優勝で、しかも社会人屈指のエース・横田哲投手を擁して注目されていたが、横田投手は調子が良くなかったようで、この日6回から今年初登板し、2回を1安打2奪三振無失点に抑えた。「自信はそんなになかったんですけど、投げられて良かった。」と話した横田哲投手、安定感抜群の投手として今年のドラフト候補の一人、これから調子を上げてくるだろう。

ヤマハのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JX-ENEOSのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

セガサミーのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

富士重工が決勝トーナメント進出

 Bブロックは富士重工が3連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。この日の先発は、明治大でドラフト候補左腕として注目され、アメリカにわたってメジャー入りに挑戦したものの活躍ができず、熊本ゴールデンラークスに戻り、今年から富士重工に移籍した西嶋一記投手が先発し、4回6安打も1失点と粘りの投球を見せた。

 リリーフでも3年目の184cm右腕・吉田友大投手が2試合連続でリリーフで好投して勝利に貢献した。かつては150km/hも記録した投手だが現在は球速は140km/h前半のようだ。エースでドラフト候補の小野和博投手がおり、こちらも投手陣が光る。

富士重工業のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

Dブロックは今日決定

 DブロックはJR東日本東北と新日鐵住金かずさマジックが2勝0敗で今日直接対決する。JR東日本東北は昨年のドラフトで加藤将志投手(東北楽天ドラフト6位)が指名され、昨年も高いチーム力を見せていたが、この日は東日本大震災の事もあり2-1で明治安田生命にサヨナラで勝利した。

 東洋大で151km/hを記録し黄金期を作っていた4年目の内山拓哉投手が8回まで無失点、9回に1失点して同点に追いつかれたものの8回2/3を3安打1失点と好投した。

JR東日本東北のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

Cブロック

 CブロックはHondaが3連勝で決勝トーナメント進出、記事はHonda、福田大輔投手も好投で3連勝で決勝トーナメント進出 に書いています。

 三菱日立パワーシステムズ横浜は、野村亮介投手、福地元春投手の2枚看板が抜けたが、この日は八戸学院大出身で2年目となる小林寛投手が先発すると、5回を4安打1失点に抑えた。元々はオーバースローだったが、昨年秋にサイドスローに転向し制球力が良くなったという。

 

 今大会ではいろんな選手が登場し、成長を見せ、不調もみせているこの大会、社会人野球の1年がはじまった。

2015年東京スポニチ大会、注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 

 134キロのシンカーを低めに決めた。1―1の8回2死三塁。大ピンチでマウンドに上がった吉田は、得意球で空振り三振を奪うと、涼しい顔で三塁ベンチに戻った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント