Honda、福田大輔投手も好投で3連勝で決勝トーナメント進出

社会人野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

 Hondaはこの日も先発投手が好投し、3連勝で決勝トーナメントに進出を決めた。この日は白鴎大から入社したルーキーの福田大輔が先発だった。

デビューは9回6安打1失点完投

 福田大輔投手は白鴎大出身で、トルネード気味のフォームから140km/h前半の球を投げ続けることができ、大学3年時は春に6勝、秋に4勝を挙げる活躍を見せた。4年時は成績が低迷しプロ入りには至らなかったが、Hondaに入社した。

 この日は社会人初登板で先発を任されると、140km/hの速球をコントロール良く投げて9回まで6安打7奪三振で1失点、完投勝利でデビュー戦を飾った。

 Hondaは1戦目にエースで2年目の石橋良太投手が8回無失点、2戦目に4年目ながら注目の左腕・吉越亮人投手が5回2安打無失点と好投、そしてこの日の福田投手の好投で3試合で失点は1のみ。仲尾次オスカル投手のリリーフも安定しており、今年は強そうだ。

 1年間、社会人野球の中心になるかもしれない。

Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-社会人のドラフト候補リスト

 

 投げてはルーキーの福田大が初回の1点のみに抑え完投で逃げ切った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント