NTT西日本・戸柱恭孝捕手に阪神など4球団スカウト注目

社会人野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 JABA京都大会、NTT西日本はシティライト岡山に5-0で勝利、捕手の戸柱恭孝選手が、リーとや強肩で視察した4球団のスカウトにアピールした。

強肩、リードで

 戸柱恭孝選手は183cmの強肩捕手で駒澤大時代も、そしてドラフト解禁となった昨年もドラフト候補として名前が挙がっていた。この日はベテランエースの吉元一彦投手を粘り強くリードしてシティライト岡山を完封、肩でも初回に盗塁を刺した。また打撃でもヒット1本を放った。

 スタンドにはプロ4球団のスカウトが視察していたが、阪神の熊野スカウトは「元気があるし、カバーリングの動きもいい。あとはスローのステップをうまく、速くできれば」と守備については課題も指摘したが、「打撃は捕手の中でも目を見張るものがある。十分対象選手だと思う。」と打撃も含めてドラフト候補に入ってくると評価をした。

 戸柱選手は、「去年はプロ入りを意識しすぎてダメだった。」と話すなど、プロ入りへの思いは強い。今年こそプロ入りなるか、これからの活躍に注目したい。

2015年度-社会人捕手のドラフト候補リスト

2015年度捕手のドラフト候補リスト (高校、大学、社会人を含めて)

 一塁へのカバーリングや打席の場ならしなど捕手として必要な部分は徹底できており、左打ちの捕手はプロでも希少価値が高い。視察した阪神・熊野スカウトは「打撃は捕手の中でも目を見張るものがある。十分、(ドラフト)対象選手だと思う。元気があるし、カバーリングの動きもいい。あとはスローのステップをうまく、速くできれば」と評していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント