JABA京都大会、その他の注目選手

猿川拓朗, 菅野智也, 関谷亮太, 森原康平

 JABA京都大会では、わかさ、皇子山の球場に12球団のスカウトが集結しているようです。NTT西日本の戸柱恭孝選手、大阪ガスの小畑彰宏投手以外のプロ注目選手について、挙げてみます。

投手が好投

 12球団のスカウトが集結したのは、大阪ガス・小畑投手と日立製作所の猿川拓朗投手の投げ合いとなりそうだったことが大きかったと言える。猿川投手は183cmから147km/hの速球を投げる投手で、先日の関東選抜リーグ戦では8球団のスカウトが視察する中で、3回までノーヒットもその後2イニングで7安打を許し、それでも5回を1失点に抑えるという判断の難しいピッチングをしていた。

 この日は2回に1失点、4回にチームは3点を奪われており、敗戦投手となった。投球内容の詳細は分からないが、ドラフト候補対決となった小畑投手の評価が挙がる中で、結果を残せなかった。次に期待したい。

 また、JR東日本が日本新薬と対戦し、ドラフト上位候補にも名前の上がる関谷亮太投手が先発した。JR東日本は、ベテラン片山投手、そして関谷投手と同期の東條大樹投手が登板し、3人のリレーで1-0で完封で勝利した。関谷投手は短いイニングながらも好投を見せるようになり、復活の傾向もある。成績の詳細は不明で、もし情報があれば教えてください。

 また新日鐵住金広畑は近大工学部卒2年目の森原康平投手が、三菱自動車岡崎を完封し、1-0で勝利した。球速は130km/h台だが、大学4年時には明治神宮大会で好投を見せるなど安定感の高い投手。

 JR東海は4年目になる菅野智也投手が先発し、日本生命に0-1で敗れたものの、9回1失点と完投した。菅野投手は186cmのサイドスロー右腕で、東京情報大時代にも注目された。何かきっかけを掴めれば、プロの評価が挙がりやすい特徴を持っている。期待したい。

2015年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP