東京ガス・加藤雅樹選手が捕手に再転向、「もちろんプロを目指しています」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

早稲田実、早稲田大で主軸として活躍をした加藤雅樹選手が、東京ガスで今年から捕手に再転向する。

スポンサーリンク

プロを目指す

加藤雅樹選手は早稲田実で3年時に夏の甲子園ベスト4に進出、1年生だった清宮幸太郎選手の後ろの4番を打ち活躍を見せた。

もともとは外野手だったが早稲田実の2年春に捕手に転向し、「捕手というポジションに出会って、野球人生が変わった」と話す。ドラフト候補にも挙がったが早稲田大へと進学し、大学では打撃を活かすために外野手に専念した。

大学では2年春に4本塁打を放ち、4年春にも3本塁打を記録するなどリーグ通算9本塁打だったが、プロ志望届を提出したもののドラフト会議で指名はなかった。東京ガスに進み昨年1年間プレーをしたが、秋に捕手を希望していることをチームに伝えるとそれが認められ、再び捕手に転向をした。捕手としては高校3年以来となるが、そのブランクを埋めるべく猛特訓をしている。

社会人野手はドラフト会議で指名されるのは非常に難しいが、打撃のある捕手はプロも求めている。捕手としてチームを引っ張り、日本選手権などで打撃も見せれば、名前が挙がってくるようになるだろう。加藤選手は「もちろんプロを目指しています。勝ってこそのいい捕手。1年間レギュラーで活躍したい」と話した。

2021年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント