東京六大学新人戦も明治大が優勝、石井元選手、海部大斗選手の履正社コンビ活躍、早大は丸子達也選手がホームラン

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東京六大学の新人戦は決勝戦と3位決定戦が行われた。

明治大学が親子優勝

 リーグ戦でも優勝を果たした明治大が新人戦でも優勝を果たした。3番に入った履正社出身の2年生・海部大斗選手が5打数3安打2打点を記録すると、4番に入った同じく履正社出身の石井元選手が1回に2ランホームランなど5打数2安打4打点の活躍を見せた。甲子園を騒がせた履正社コンビが成長を見せている。

 また1年生も負けていない。先発したのは昨年のドラフト候補・川口貴都投手で6回を6安打4四死球も無失点に抑えた。三振は0で打たせて取る粘りのピッチングという所だろう。既に154km/hを記録している星知弥投手はリリーフで1イニングを1安打も3奪三振と勢いを見せ、また九州学院出身で昨年のドラフト上位候補だった萩原英之選手は代打で出場し1打数1安打を記録した。

 昨日の柳裕也投手も含めて投打に層が厚く、星知弥投手、萩原英之選手とプロもドラフト上位で狙った選手を補強している明治大は、黄金期になると言ってもいいかもしれない。

有原に負けない、丸子達也選手

 3位決定戦は早稲田大vs立教大の対戦、乱打戦となったが8-5で早稲田大が勝利した。早稲田大は2回に石井一成選手のホームランで先制したものの1-2と逆転される。しかし7回に9番で出場していた丸子達也選手がホームランを放って同点に追いつくと、その後一気に7点を奪って勝利した。丸子選手は「この冬は人一倍努力してスタメンで出られるようにしたい」と話した。

 丸子達也選手は広陵高校時代に投の有原航平、打の丸子達也と注目された選手。有原投手の1つ学年が下の2年生だが、打撃や守備の粗さなどがありここまで活躍はできていない。有原航平投手がドラフト上位候補として既に騒がれるようになっている。一緒に戦ってきた丸子選手も有り原投手に続いてドラフト上位候補になるために、来年の奮起を期待したい。

明大 完封リレー兄弟V!石井が4打点マーク - スポーツニッポン:2013/11/7

  明大の履正社出身・石井が、「兄弟V」に貢献した。初回1死一塁から左越え2ランを放つと、9回には右中間を破るダメ押しの2点三塁打。4打点を挙げ「リーグ戦も優勝してたのでプレッシャーはあった。調子が良かったので、自分のスイングをしたら、ああいう結果になった」と満足そうに振り返った。16日からの明治神宮大会へ向け「自分の出番が来たらしっかりやりたい」と切り替えていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント