九共大、大瀬良大地投手と竹下真吾投手が闘志見せる

大瀬良大地, 福地元春, 竹下真吾

 九州共立大は同大学出身のプロ野球選手の後援会の会合を行い、新垣渚投手、馬原孝浩投手、川満寛弥投手、大瀬良大地投手などが参加、また今年のドラフトで指名されプロ入りした東京ヤクルトの竹下真吾投手、横浜DeNAの福地元春投手も加わった。

先輩後輩でメラメラ

 今年新人王を獲得した広島の大瀬良大地投手は、大先輩の馬原孝浩投手と会い、「対戦できるなら偉大な先輩に胸を借りるつもりで投げたい」と話した。

 また大学では1つ上ながらプロでは1年先輩となる、竹下真吾投手と福地元春投手に対しては「僕が1年先にこの世界に入っているので、先輩とはいえ負けたくない。」と話した。

 竹下真吾投手は大学時代は後輩の大瀬良大地投手などがいた事もあり8試合の登板にとどまっていた。しかし社会人で頭角を現して大瀬良と同じくドラフト1位でプロ入りした竹下投手は、「僕は僕なりに頑張れればいいですが、刺激にはなる」と話し先輩としての余裕も見せた。

 大学時代は圧倒的な成績で大瀬良大地投手が飛び抜けていたが、社会人で力を付けた竹下投手と福地投手、二人はリリーフでの登板の可能性が高いものの、同じセリーグという事で投げ合う場面も見られるだろう。

九州共立大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 1学年後輩で、今季セ・リーグの新人王に輝いた広島・大瀬良から「先輩とはいえ負けたくない。試合が楽しみです」と挑戦された。大学時代は大瀬良らの陰でリーグ戦登板が8試合だけだった竹下は、「僕は僕なりに頑張れればいいですが、刺激にはなる」と静かに闘志を燃やした。


PAGE TOP