2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~高校生近畿編~

永谷暢章, 高橋奎二, 山本龍河, 小川良憲, 廣岡大志, 潮崎彰成, ネイサングルラジャニ, 船曳海, 貞光広登, 古都成輝, 小西丞, 福田光輝, 青柳昂樹

 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、来年楽しみなドラフト候補を探してみます。今日は近畿地方の高校生。

注目候補

 春日本一の龍谷大平安では、エース左腕の高橋奎二投手がいる。体はまだ細いもののキレのあるストレートがあり、巨人の益田スカウトも「来年の目玉だね」と話すなど評価が高く、体が大きくなればものすごい球を投げるような予感をさせる。

 夏日本一の大阪桐蔭は2年生ながらショートを守り抜き、素晴らしい守備を見せていた福田光輝選手が、3年時に打撃でも力強さを見せれば候補に挙がってくるかもしれない。また5番を打った青柳 昂樹選手も183cmの大型選手で主軸候補、進学の可能性もあるが来年夏の活躍に期待したい。

 履正社はセンバツで準優勝、夏は大阪大会で準決勝で大阪桐蔭に敗れた。あと一歩で優勝の状態が続いている。1年時から期待され、センバツで実践的な投球も見せた187cmから147km/hを投げる永谷暢章投手の成長を期待したい。体格では安楽智大投手と同じ位で素質は十分ある。

 岡本和真選手を輩出した智弁学園は来年も注目のスラッガー・廣岡 大志選手がいる。ホームランと左右に強い打球を打てる選手で評価は守備も含めて総合力で評価が高い。ただし、岡本和真選手はホームランという決めてがあり、2年時から急激に本塁打数を延ばしてインパクトを残しドラフト1位指名された。廣岡選手もインパクトが欲しい所で、それには甲子園での活躍が必要となる。

 智弁和歌山には山本 龍河選手という大型スラッガーがいる。通算22本塁打を記録し1年時から注目されている。こちらも廣岡選手同様に評価が高いものの最終学年でより強いアピールが欲しい。

 そして最も注目を集めそうなのが近江の小川良憲投手か。昨年夏の甲子園で145km/hを記録、スリークォーター気味の腕の振りもスムーズで下半身も出来ており、即戦力として期待されるほど。総合的に見て今のところ全国トップクラスの投手だろう。

 

その他の候補

 秋優勝の天理は貞光 広登選手の守備力が評価が高く、また182cmながら俊足を見せる舩曳 海選手の身体能力も注目され、共にプロ注目のドラフト候補。センバツに登場する奈良大付の坂口 大誠投手も180cmの好投手。コントロール重視のピッチングで甲子園でどんな評価を受けるか。

 PL学園のネイサン グルラジャニ選手は身体能力とセンスのある選手で長打力も見せる。東大阪大柏原には遠見 一真選手がおり、中学時代に138km/hを投げていたという選手。足も50m6.1秒台で身体能力の高い選手のようだ。

 大冠高校の吉田 大喜選手は最速144km/hを投げる大阪屈指の速球派、ただし体は174cmと大きくなくプロ入りのためには相当なアピールが必要。

 三田松聖の小西 丞投手は182cmから145km/hの速球を投げる投手としてプロが注目している。毎年好投手を輩出するチームに今後元プロの監督が就任するようで、一気に甲子園出場に届くか。兵庫では須磨学園の185cm右腕・古都 成輝投手も140km/hの速球と大型投手として期待され、津名高校にも180cmから143km/hの速球を投げる潮崎 彰成投手がいる。北須磨出身の桜井俊貴投手や明石商出身の松本航投手など、兵庫はあちこちの高校から飛び抜けた投手が出てくる。

2015年度-近畿のドラフト候補リスト


PAGE TOP