東京六大学進路、立教大・山根佑太選手は野球選手の裏方に

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

東京六大学の進路をこれまで掲載してきたが、スポーツ紙各紙に最終進路が掲載された。立教大の山根佑太選手は野球選手のマネジメント会社と、サプリメントを販売する会社・カラダツクルで働く。

東京六大学

今年の東京六大学を振り返ると、春は立教大が久々の優勝を果たし、笠松悠哉選手が4番で打率リーグ2位など好成績を残しベストナインにも選ばれた。秋は慶応大が優勝、岩見雅紀選手が1シーズン7本塁打、5試合連続ホームランを記録した。投手では明治大の斉藤大将投手は春3勝0敗、秋3勝0敗と奮闘した。東大の宮台康平投手がリグで6勝を挙げるなど注目された。

4年生の進路は以下に掲載しています。

慶応大4年生の進路(2017)
明治大4年生の進路(2017)
法政大4年生の進路(2017)
立教大4年生の進路(2017)
早稲田大4年生の進路(2017)
東京大4年生の進路(2017)

山根佑太選手は選手を支えるポジションに

立教大の山根佑太選手は、浦和学院時代に主将として甲子園で優勝を経験し、鳴り物入りで立教大入りし、1年生の春からベンチ入りをした。しかし、2年時に右肩を手術するなど故障に悩まされた。それでもそこから這い上がると、今年春のリーグ戦では4本塁打を記録してチームの優勝に貢献し、外野手のベストナインに選ばれる活躍を見せた。

その山根選手だが、「3年秋には上で野球はやらないと決めていた」と話し、社会人野球から誘いがあったものの、大学で野球から卒業する事を決めていた。

現在はソフトバンクの内川選手や広島・菊地選手をマネジメントする会社「スフィーダ」でインターンシップを経験し、来年からはサプリメントを販売する「カラダツクル」の一員としても活動するという。

山根選手は「野球にかかわる仕事がしたかった。人を成功する方に導かないといけない。やめて良かったと言われるくらいに頑張りたい」と話した。

野球選手としてはお疲れさまでした。そしてまた活躍を応援します。

2017年度-大学生のドラフト候補リスト

小学校、高校、大学で全国制覇、中学校でも全国大会準優勝という輝かしい球歴を持つ山根だが、選手として野球を続けることに未練はなかった。「個人競技で優勝したわけじゃない。3年秋には上で野球はやらないと決めていた」とすっきりした表情で話す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント