慶応大・高橋亮吾投手153キロ記録、将来はパイロットに

慶応大, 高橋亮吾

東京六大学リーグでは、慶応大が法政大に5-2で勝利、9回にリリーフで登板した高橋亮吾投手は1失点をしたものの、自己最速となる153キロを記録した。高橋投手は卒業後はパイロットの道に進むべく就職活動をしている。

昨年に引き続き、ドラフト候補がパイロットへ

高橋亮吾投手は140キロ後半の速球を投げる投手で、大学2年時からリリーフとして登板をしている。そして今年春にかけてはやや担ぎ投げだったフォームを直し、また体重も5kg増やして90kgに増やすと、球速は3月に151キロを記録していた。

この日は8回までエースの高橋佑樹投手が好投して5-1とリードし、9回に高橋亮吾投手が登板すると、ソロホームランを許して1失点するものの、1回を1安打1失点1奪三振で抑えた。球速はフィリーズのスピードガンで153キロを記録し、カットボールも143キロを記録した。

速球派のリリーフとしてプロのスカウトも注目するが、慶応湘南藤沢高校出身で、高校時代は無名だったが、大学に入りここまで成長した。「高校時代を考えると、ここまで投げられると思っていなかった。」と話す。そして、プロというと、自分では壁を感じる。野球は大学4年間でやり切るつもり」と話し、希望進路は「パイロットです」として、パイロットの道を目指すため就職活動中だという。

慶応大では昨年も188cmの左腕で147キロの速球を投げ注目された田中裕貴投手も、同じくパイロットの道に進み、ANAに進んでいる。慶応大は結局、昨年もプロ入りした選手どころか、社会人野球に進む選手もいなかった。そして今年も石井雄也投手や津留崎大成投手など複数のプロ注目投手がいるが、その中で野球を継続する選手がいるのかも気になる。ドラフト候補の郡司裕也捕手、柳町達選手はプロ志望をしてくれると思うが・・・。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨オフに担ぎ投げだったフォームを直し、体重5キロ増の90キロに鍛え上げると、球速は150キロ台を突破。リーグ通算6勝で今春は守護神を担う右腕に、プロのスカウトの視線も注がれる。それでも、本人は「高校時代を考えると、ここまで投げられると思っていなかった。プロというと、自分では壁を感じる。野球は大学4年間でやり切るつもり」ときっぱり。希望の進路を「航空業界。パイロットです」と語った。


PAGE TOP