関西大が神宮大会出場、社会人入りする149キロ左腕・森翔平投手が1失点完投

関西大, 森翔平

関西地区大学野球選手権では、第1代表決定戦が行われ、関西大が天理大に3-1で勝利して明治神宮大会出場を決めた。149キロ左腕の森翔平投手が1失点完投で勝利した。

9回2安打1失点

森翔平投手は鳥取商時代は野手としても注目され、関西大では左腕投手として最速149キロを記録し、この秋のリーグ戦では2戦目の先発として投げ2勝3敗という成績だった。

関西地区選手権ではリーグ戦4勝0敗の3年生・高野脩汰投手がリーグ戦終盤に調子を落としており、勝った方が優勝となる近畿大戦で森投手が先発し8回無失点の好投で優勝を決めていた。そしてこの日の決定戦でも先発すると、9回を投げて2安打1失点2奪三振4四死球と打たせて取る投球で完投し、明治神宮大会出場を決めた。「勝ててうれしい。先を見ず1人1人抑えようという気持ちだった。走者を背負っても8回までは点を取られず粘れたのはよかったです」と話した。

森投手は早瀬監督は「森が本当によく投げてくれた。殊勲です。最高の投球を2試合してくれた」と話し、明治神宮出場の立役者と絶賛した。森投手は社会人野球入りが決まっているという。149キロ左腕の大学最後の姿をチェックし、来年の社会人野球では1年目から注目をしたい。

関西大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

最速149キロ左腕は「勝ててうれしい。先を見ず1人1人抑えようという気持ちだった。走者を背負っても8回までは点を取られず粘れたのはよかったです」と笑顔で振り返った。調子を落としたリーグMVPの高野脩汰投手(3年=出雲商)の分も大奮闘。勝った方がリーグ優勝する近大戦に続き、先輩左腕が大役を果たした。

勝った方が優勝という22日の関西学生リーグ・近大戦は8回無失点と好投。その2日前にプレートの踏む位置を三塁側から一塁側に変更した。「打者がタイミングを取りづらそうにしていた。抜け球がなくなった」と、早瀬万豊監督(61)は好調の要因に挙げ「森が殊勲。最高の投球を2試合してくれた」と、絶賛した。

 


PAGE TOP