近大・佐藤輝明選手が最後のオープン戦でホームラン

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

近畿大・佐藤輝明選手は、秋季リーグ開幕前の最後のオープン戦となる関西国際大戦で、9回にホームランを放った。

スポンサーリンク

いざ、リーグ戦へ

6-3と3点をリードした9回、1アウト2塁の場面で打席に入った佐藤輝明選手は、カウント2-2から低めの変化球をすくい上げると、打球は右中間に低いライナーで飛びんだ。この日は4打数2安打2打点だった。

この日はそれまで2三振を喫するなど調子が良くなかった。このホームランについても「ボール球だったかもしれない。本来、手を出すべきではなかった難しいところだった。パワーですね」と話し、会心のホームランというわけではないが、「体勢を崩されても打てたのは良かった」と話した。

巨人の1位指名に挙げられている事についてこの日も、「めちゃくちゃ強いチーム。すごく光栄なこと」と話したものの、「そこばかり意識してもいい成績は残せない。目の前の試合で打って守って勝つことに集中したいです」と話した。

これでオープン戦も終わり、いよいよ大学最後となるリーグ戦を迎える。二岡選手の持つリーグ本塁打記録まであと2本、記録を更新し、チームを優勝に導いて意気揚々でドラフト会議に臨みたい。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「本来だったら手を出すべきではないかもしれないボールでしたが、体勢を崩されても打てたのは良かった」

27日には、巨人が編成会議を開き1位は即戦力野手の方針を示した。その筆頭候補として、佐藤が挙がる。「(巨人は)めちゃくちゃ強いチーム。すごく光栄だけど気にしない。そこばかり意識してもいい成績は残せない。目の前の試合で打って守って勝つことに集中したいです」と謙虚に、結果を残していく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント