関学大・西隼人投手が150キロ、8回5安打無失点に阪神スカウト「評価を上げないと」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西学生リーグでは、関学大が立命館大に1−0で勝利した。関学大先発の西隼人投手には、阪神を含め複数球団が視察に訪れている。

スポンサーリンク

評価を上げないと

西隼人投手は、最速151キロの速球に一通りの変化球を投げる完成度の高さが注目される投手で、この日の試合にも複数球団が視察に訪れるなど注目されている。

この日は最速150キロを記録したストレートに力があり、5回で2アウト1、2塁の場面ではストレートで空振り三振、6回2アウト1、2塁の場面でも148キロのストレートで見逃し三振を奪った。「調子が良くなかった分、狙ったところに投げ切れたのは良かったと思います。調子が悪くてダメだとなってはいけないので。味方が点を取ってくれるまで点をやらないという気持ちで投げました」と話した。

視察した阪神の熊野スカウトは「スピードも上がってきて、集中して投げられていた。ボールにも力強さがあって、評価を上げないといけない」と話し、評価を上げたことを示唆した。

徐々に評価を高めている右腕、今後も注目してゆきたい。

関学大・西 8回0封で今季初星導いた 阪神スカウト熱視線「評価上げないといけない」/デイリースポーツ online
 「関西学生野球、関学大1-0立命大」(16日、ほっともっとフィールド神戸) 1回戦2試合が行われ、阪神など複数球団が見守る中、関学大のプロ注目右腕・西隼人投手(4年・福岡大大濠)が8回5安打無失点4奪三振の好投でサヨナラ勝利を演出し、立命大に先勝した。この日は最速150キロを計測するなど力強さも発揮し、スカウトの評価...

 抜群の威力を発揮した直球はこの日、最速150キロを計測。阪神・熊野スカウトは「スピードも上がってきて、集中して投げられていた。ボールにも力強さがあって、評価を上げないといけない」と熱い視線を送った。

関学大・西隼人「狙ったところに投げ切れた」8回5安打無失点、最速150キロ 複数球団が視察 - アマ野球 : 日刊スポーツ
最速151キロ右腕でプロ注目の関学大・西隼人投手(4年=福岡大大濠)が、8回5安打無失点の快投を披露した。5回2死一、二塁の場面は速球で空振り三振を奪った。6… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント