中央大、北村恵吾選手の2ランと西舘勇陽投手の強リリーフでふみどどまる

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

4位に3チームが並び、順位決定のプレーオフを行っている東都1部は、1敗で跡がなくなった中央大が、北村恵吾主将の2ランホームランと、来年の注目右腕・西舘勇陽投手の154キロのリリーフで青山学院大に勝利し、入れ替え戦行きを踏みとどまった。

スポンサーリンク

落ち込む姿

勝てば1部残留だった前日の日大戦で、終盤に逆転負けを喫した中央大、主将の北村恵吾選手は試合後にベンチで肩を落としていた。「初めてみんなの前で弱い姿を見せてしまった。少し心が折れてしまったんです」と話した。

しかし、OBやベンチに入れなかった選手からの声が届き、「キャプテンの自分が下を向いていたらいけないんだ」と顔を上げ、「なんとしても明日は勝って、絶対、来週のプレーオフにもう1回持っていこう」と声をかけた。

この日は青学大に1点を先制されたものの、2回に5−1と大きく逆転し、さらに北村選手がストレートをレフトスタンドに放り込んだ。2ランホームランで7−1と大きく点差を広げた。

その後、青学大の反撃を受けて7−5に迫られたものの、5回1点を追加して8−5となった。先発の石田投手、2番手の三奈木投手が失点をする中で3回途中から登板したのは、今季、防御率1.91でリーグ2位の3年生・西舘勇陽投手だった。

西舘投手も前日の日大戦でリリーフでピンチの場面で登板したものの、連打を浴びて日大に逆転を許していた。この日は常時150キロ前後のストレートを投げると、自己最速を更新する154キロも記録する気迫のこもった投球で、5回1/3を4安打5奪三振1失点に抑える力投を見せた。

中央大が勝利し、青学大、日大ともに1勝1敗となった。6月1日より再び三つ巴の総当たり戦を行い、また勝敗で決着が付かなかった場合は、総失点、得失点率差などで勝敗が決定する。

東都2部では東洋大が優勝し、来年のドラフト1位候補で圧倒的な投球をする細野晴希投手が待っている。どこのチームも負けられないプレーオフとなる。

2022年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
入れ替え戦ご免!中大 青学大に快勝、日大含め3校1勝1敗 東都64年ぶり三つ巴PO再戦 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 勝ち点、勝率で並んだ3チームによる4~6位決定戦1試合が行われた。前日に敗れた中大は0―1の2回にプロ注目の北村恵吾主将(4年)が2ランを放つなど一挙7点を奪い、9―6で青学大に勝利。日大を含めた3校が1勝1敗で並んだため、6月1日から再び総当たり戦(UDトラックス上尾)を実施して順位を決める。
【大学野球】 青学大、中大、日大の順位決定戦は全校1勝1敗で“第2ラウンド”へ
 敗れれば最下位が決まる中大が青学大に勝利。日大を含めた3校が全て1勝1敗となり、6月1日から再度順位決定戦を行うことになった。
中大・主将北村恵吾「絶対勝つ」勝利決定づける2ラン「自分たちの手で1部残留を手に」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
青学大、中大、日大の3校三つどもえの最下位決定戦は、既に1敗していた中大が青学大に打ち勝った。これで3チームが1勝1敗で並び、リーグ順位決定戦は再度6月1日か… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
決まらない東都最下位争い 中大が青学大下し3校が1勝1敗で並ぶ 6・1からまた順位決定戦 - アマ野球 : 日刊スポーツ
青学大、中大、日大の3校三つどもえの最下位決定戦は、既に1敗していた中大が青学大に打ち勝った。これで3チームが1勝1敗で並び、リーグ順位決定戦は再度6月1日か… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東都順位決定戦 中大・西館勇陽が好救援、自己最速更新154キロ「信頼して出している」監督 - アマ野球 : 日刊スポーツ
青学大、中大、日大の3校三つどもえの最下位争いは、既に1敗していた中大が青学大に勝利した。中大のリリーフエース・西館勇陽投手(4年=花巻東)が好救援で勝利につ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント