三菱自動車岡崎、倉敷オーシャンズが都市対抗辞退

三菱自動車倉敷オーシャンズ, 三菱自動車岡崎

三菱自動車が燃費データを改ざんした問題により、社会人野球チームの三菱自動車岡崎と三菱自動車倉敷オーシャンズが都市対抗出場を辞退する事がわかった。

過去は休部も

三菱自動車の広報部は都市対抗辞退について「多大なご迷惑をおかけした。地域一体となって応援を受けることができる状況にない。当面は業務を優先させる事になる」と話し、岡崎市や倉敷市の代表として戦える状況ではない、という理由を話した。

ただし「休部、廃部は考えていない」とした。ただし秋の日本選手権出場について「一部車両の生産、販売を中止している状況。再開のめどが立った時点で考える」と話した。今回の問題で業績は大きく影響されるだろう。業績的な面で野球部の存続に今後影響する事も心配される。

三菱自動車は2004年にリコール隠しをして大きな事故が発生し、それによって2004年に三菱自動車岡崎と三菱ふそう川崎が休部となった。三菱ふそう川崎は翌年2005年に活動を始め、都市対抗で優勝を納めるなど野球部として意地を見せたが、会社の業績から2008年に休部となり、2013年に正式にチームの解散が決定された。

企業が部の活動費を賄っているため、社業の影響を受けるのは避けられないものの、夢を追って練習を重ねている選手が、それを発揮する舞台に上がれないのは本当に辛い。ただ選手たちには次の舞台があると信じて成長を続けてほしいとしか言えない。

三菱自動車岡崎のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

三菱自動車倉敷オーシャンズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP