No Image
2017年の秋、大学生のドラフト候補にとって、翌年のドラフトの運命を決める転機となった。そして最終学年、ドラフト会議へと向かっていく。

No Image
2014年のドラフト会議、プロ志望届を提出していたPL学園の中川圭太、関西の小郷裕哉の名前は呼ばれなかった。

東海大北海道, 今川優馬, 福原大生, 福島大

No Image
アメリカのパワーショーケースで世界から招待された選手によるホームランダービーが行われ、日本からは東海大北海道の今川優馬選手と福島大の福原大生選手の北海道出身の2人が参加した。

吉田輝星, 金足農, 菊地亮太

北海道日本ハムにドラフト1位ルーキー・吉田輝星投手は、金足農で行う今年の練習を打ち上げた。これで最後になるであろう、甲子園でバッテリーを組んだ菊地亮太捕手への投球は34球、サインを確認しての投球だった。

中央大, 堀内寛人

No Image
東都大学リーグで3年の秋に指名打者でベストナインを獲得した中央大の堀内寛人選手は、大学で野球を辞め野村証券で証券マンのプロになる。

慶応大, 田中裕貴

No Image
189cmから147キロの速球を投げる左腕・慶応大の4年生・田中裕貴投手は、ANAのパイロットになる。

No Image
高校2年目までに存在感を示した根尾昂、藤原恭大、小園海斗、野村大樹、万波中正が最後の夏を迎え、そしてプロへと旅立っていく。

No Image
根尾昂、藤原恭大、小園海斗、野村大樹、万波中正など黄金時代といわれた世代が、高校に進学する。そしてその世代は1年目から輝きを放つ。2018年ドラフト総決算、高校生たちのストーリー。

No Image
2018年もあとわずか、今年のドラフト会議について振り返ります。今日は高校生で指名された選手たちのストーリーその1。

甲斐野央, 正随優弥, 中村稔弥, 中川圭太, 梅津晃大, 重田倫明, 頓宮裕真, 清水昇, 小郷裕哉, 上茶谷大河, 伊藤裕季也

No Image
東都大学リーグでプレーした4年生の進路が出そろった。1部の6大学からは、プロ野球には10人が、社会人野球では58人、独立リーグで3人が野球を継続する。龍谷大平安で4番を打ち、センバツで優勝をした河合泰聖選手は、中央大で4年間プレーしたが故障 ...

スポンサーリンク
PAGE TOP