来年解禁、トヨタ自動車・木下拓哉選手、ニチダイ・蔭地野正起投手が活躍

社会人野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

社会人野球日本選手権1日目は来年にドラフト解禁となる選手が活躍を見せた。今年のドラフト会議で指名された日本新薬・倉本寿彦選手(横浜DeNAドラフト3位)、日本製紙石巻・伊東亮大選手(東北楽天ドラフト7位)は初戦で敗れ、社会人野球最後となった。

来年解禁選手活躍

トヨタ自動車、木下拓哉捕手、河合完治選手

 トヨタ自動車vs日本新薬の試合は3-0でトヨタ自動車が完勝した。9年目のベテランで侍ジャパン社会人代表の佐竹功年投手が2安打完封と好投を見せた。

 トヨタ自動車は8番捕手で1年目の木下拓哉捕手を起用した。木下選手は法政大出身で、昨年までは西浦直亨選手(2013年東京ヤクルトドラフト2位)、大城戸匠理選手(Honda鈴鹿)、河合完治選手(トヨタ自動車)と法大カルテットとして活躍を見せており、捕手のドラフト候補として注目されプロ志望届を提出したものの、大学生捕手が豊富だったこともあってか指名は無かった。

 この日は佐竹投手の好投をリードすると、打っても5回に京セラドームの左中間中段に飛び込むホームランを放ち、勝利に大きく貢献した。トヨタ自動車の田中監督も「当たれば飛ぶ。実力第一で使っている」と評価しての起用だった。

 河合完治選手も3番セカンドとして出場し4打数2安打を記録するなど活躍を見せた。河合選手も高校時代から注目され、大学でもプロ志望をすれば指名があったかもしれない法大の中心選手だった。ポジション的にも評価が挙がりそうで、木下選手、河合選手が来年のドラフト解禁選手として注目されそうだ。

 

ニチダイ・蔭地野正起投手

 ニチダイvs日本製紙石巻の試合は5-1でニチダイが勝利した。先発した蔭地野正起投手は187cmの右腕で智弁和歌山時代からドラフト候補に名前の挙がった投手だが、身長もあり素質も高いものの球速は140km/h前半止まりの投手だった。

 この日も球速は140km/h前半だったが、3回にノーアウト2,3塁の場面で東北楽天からドラフト7位で指名された伊東亮大選手を迎えると、フォークボールで空振り三振を奪い、その後もスクイズバントを失敗させて三塁走者をアウトにすると、最後は外角いっぱいのストレートで見逃し三振と無失点で切り抜けて見せた。

 7回2/3を投げて4安打6奪三振、6つの四球を出すなど制球や体力的な課題もあるが、体をしっかり作ることができれば可能性のある投手だと思う。来年は高校卒から3年目となりドラフト解禁となる。

 

ドラフト指名選手は活躍できず

 敗れた日本新薬の3番を打った倉本寿彦選手は4打数ノーヒット、2三振に終わった。横浜DeNAからドラフト3位で指名されたが、「これではプロで通用しない」と話した。また日本製紙石巻の伊東亮大選手は2番ファーストで出場し2つの四死球を選らんだもののノーヒット1三振だった。

 社会人最後となる試合で結果を残すことができず、これでそれぞれのチームのユニフォームを脱ぐ。この悔しさをバネに、来年はプロ野球のユニフォームで活躍を見せてほしい。

 飛距離もそうだが、打った場面も驚きだ。五回1死三塁から亀谷の遊ゴロで三塁走者が本塁でタッチアウト。先制機がつぶれそうになった直後だった。慎重になってもおかしくないが、22歳は思い切りよく初球からフルスイング。日本新薬の左腕・榎田の128キロの高めの動く球を、うまく体を開いてとらえた。

 八回途中までの登板で1失点。「会心のピッチングだった」と振り返ったのは、三回無死二、三塁のピンチだ。

 10月のプロ野球ドラフト会議で楽天に指名された伊東は、角度のある速球を低めに決めて見逃し三振。次打者への初球は、「スクイズもあるとみて」フォーク。窮屈なバントは狙い通り自身の目前に転がり、的確なグラブトスで三塁走者の生還を阻止。4番打者は外角いっぱいを突いて、空振り三振に仕留めた。

 社会人最後の大会に「そういう感情を出さないように」と臨んだが、不完全燃焼。「マークされていたのは分かっていたが、自分の力不足。(気持ちが)空回りしたのかな」と悔やんだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント