札幌日大・松田進吾選手がプロ志望届提出

札幌日大, 松田進吾

 高校生屈指の外野手と評価される、札幌日大の松田進吾選手がプロ志望届を提出した。一本足打法から高校通算25本塁打を記録する長打が魅力の187cmの大型選手として注目されている。

道内NO1外野手

 松田進吾選手は187cmの大きな体から高校通算25本塁打を記録する長打力があり、また右投げ左打ちで内野も守れるなど器用さもある選手で、総合力でも全国屈指の外野手と評価されている。今年の高校生外野手では、横浜高校の浅間大基選手や、健大高崎・脇本直人選手などの名前が挙がり、左打ちという点でも一緒となり比較される事になるが、候補はそれほど多くない。

 この夏は南北海道大会では3試合8打数でノーヒットと苦しみ、チームも準決勝で敗れた。それでもプロの評価は変わらず、北海道日本ハムが「直球に対する強い振りができる。良い選手になると思う」と評価している。

 プロ志望届を提出し「指名されればどの球団でも行きます。プロ野球選手になりたい」と話した松田選手、ドラフト会議で名前が呼ばれるか。

 後悔は絶対にしたくない―。松田がプロに挑戦することを決断した。「今(プロ志望届を)出さないと、将来『あの時出していれば』と悔いが残るかもしれない。小さい頃からの夢をかなえたい」と胸の内を明かした。


PAGE TOP