昌平・米山魁乙投手が専大松戸を6回無失点に抑える

米山魁乙, 昌平高

昌平高校の143キロ左腕でプロが注目する米山魁乙投手が、専大松戸との練習試合で先発し、6回を無失点に抑える好投を見せた。

6回無失点

米山魁乙投手はこの春に143キロを記録し、複数の球団のスカウトがマークをしている。この日は専大松戸と練習試合で先発すると、6回を投げて3安打無失点、キレのある球で詰まらせて打ち取り0点に抑える好投を見せた。

米山投手は「調子は良くも悪くもなかったです。低めに集めるというテーマを実践できて、0に抑えることができてよかったです」と話し、テーマを設定しそれを達成できた。黒坂監督も「順調に調整できています」と話し、エースに手ごたえを感じた。ただし、5四死球を与えたことについて米山投手は、「四球でリズムが悪くなってしまった。次回に生かしたい」と反省もした。

今年の埼玉NO.1左腕も順調に夏を迎える。甲子園出場を目指し勝ち上がって行きそうだ。

2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・埼玉大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

試合後、米山は「調子は良くも悪くもなかったです。低めに集めるというテーマを実践できて、0に抑えることができてよかったです」と手応えを口にした。一方で「四球でリズムが悪くなってしまった。次回に生かしたい」と5四死球の反省も忘れなかった。


PAGE TOP