夏の高校野球・滋賀大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

有馬諒, 金城駿乃介, 千葉葵, 竹本徹, 林優樹, 比嘉天佑, 吉田力聖, 尾崎完太, 土田龍空, 住谷湧也, 横井覚, 菊地凛, 谷田竜也, 武川廉, 田上友一朗, 藤居海斗, 浅野太輝, フェントンライアン, 伊藤有哉

夏の高校野球・滋賀大会が7月7日に開幕する。昨年の夏の甲子園を盛り上げた近江の注目捕手と投手に、140キロ中盤の速球を投げる投手などがいるが、全体的に人数が欲しかった所もあり、地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は滋賀学園の宮城滝太投手がDeNAに育成ドラフト1位で指名された。

今年はまず、近江の有馬諒捕手と林優樹投手が注目される。有馬選手はセカンドまで1.8秒の強肩に素早い判断力、投手のリードやキャッチングなど、捕手として総合的に全国NO.1の選手。それでもU18代表候補に選ばれなかったり、そして何より昨年の甲子園で金足農に9回裏に2点を奪われて逆転サヨナラ負けと悔しい思いもしており、それは成長の源になっているはずだ。

また林投手は高校生では打てないチェンジアップを投げ、U18代表候補に選出された。きれいな投げ方で故障もしにくそうで、長いイニングも耐えられる感じがする。体は大きくないものの、将来はプロで投げていそうな投手。

近江以外にも光泉の吉田力聖投手は178cmから最速144キロの速球を投げる。力を球に伝えられるフォームなどプロからも注目されており、吉田投手もプロ入りを希望している。

その他の選手

光泉高校では、伊藤有哉投手も145キロを記録、170cmと小柄だが、この球威と緩急をつけた投球で、吉田投手と2枚看板になる。捕手のフェントンライアン選手はチームを引っ張るリーダーで、身体能力の高さも見せる。

春の近畿大会王者・近江は、打撃センスが素晴らしく、ハイアベレージを残す住谷湧也選手や、1年生からショートを守り、甲子園では小園海斗選手クラスの動きを見せた土田龍空選手が、打撃でも長打力がどんどんついてきている。来年のドラフト上位指名は間違いなさそうだ。林投手の控えとしても浅野太輝投手、藤居海斗投手が春に力を見せており、スキを無くして夏に向かう。

選手力では滋賀学園も負けていない。投手では143キロの速球を投げる尾崎完太投手と、大学に進んでから力を増しそうな右の竹本徹投手が2枚看板で、2年生にも左の金城駿乃介投手、千葉葵投手は1年生から投げて実績があり、そこに右の田上友一朗投手が加わってきた。打線でも182cm84kgの大型選手・比嘉天佑選手が広角にヒットを打つ技術の高い打撃を見せると、4番の谷田竜也選手と5番の武川廉選手が長打力があり得点を稼ぐ。

近江兄弟社の菊地凛投手は球の力のある左腕でスタミナもあるエース、横井覚投手は投げては143キロ、打っても4番のチームの柱、比叡山の沖田一真選手も中学時から強肩捕手として注目されている。

綾羽の伊藤千也投手は181cmのサイドハンド、八日市の荒見渉真投手も1年から投げている投手で130キロ中盤を記録する。

優勝予想

昨年夏から秋、今年春と近江が連覇をしており、昨夏は甲子園ベスト8、この春は近畿大会で優勝と実力は全国でもトップクラスのチーム。

ここにぶつかるのは選手層の厚い滋賀学園と、好投手のそろう光泉か。投手が抑えきって、林投手を攻略できるか。他には春ベスト4の綾羽、彦根東、他にも北大津、高島、近江兄弟社八幡商なども力がある。

2019年度以降-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP