夏の高校野球・ 宮城大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

伊藤康人, 佐々木繕貴, 伊藤樹, 笹倉世凪, 大栄陽斗, 鈴木千寿, 千坂優斗, 丹治基, 岩崎勇利, 小林玲大, 古山慎悟, 安藤令, 庄司陽斗, 小濃塁, 向坂優太郎, 菅原天斗

夏の高校野球・宮城大会が7月13日に開幕する。145キロを超す期待の投手がいるものの、全体的に注目選手は少ない。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年はドラフト会議で指名された選手はいなかったが、東北高校の杉澤龍選手選手と中山翔太投手が注目されていた。

古川学園の佐々木繕貴投手は178cmの右腕で、体重は71kg前半とまだ線が細い。しかし投じられるストレートの伸びは素晴らしく。球速は146キロを記録する。2年時は135キロで1年で10キロ球速を伸ばし、150キロも記録できると思う、と本人も話す。良いバランスのままで体重を80kgくらいまで増やすことが出来た時、150キロ中盤の真っすぐを投げられそうで、その時のために変化球も磨いておきたい。

仙台育英の大栄陽斗投手も成長をしてきた。174cmで昨年まではどちらかというと、コントロールの良い投手という印象だったが、それでも2ケタ奪三振を奪う力を見せていた。今年に入り球速も145キロに到達。チーム内で140キロを超す球を投げる選手がそろう中で、負けじと球速を伸ばしてきた。一皮むければエースとして頼れる存在になっていく。

その他の選手

仙台育英では、3年生の右腕・鈴木千寿投手も143キロを記録し、2年生でも左の向坂優太郎と右の菅原天斗投手も140キロを超す。そして1年生の笹倉世凪投手は左から最速147キロ、伊藤樹投手は右から144キロの速球を投げる。バッターも小濃塁選手は170cmと大きくないもののスラッガーとしての怖さを見せてきており、2年生の入江大樹選手、1年生の木村航大捕手など楽しみな選手がそろっている。

古川高校の千坂優斗投手は176cmの右腕でバランスの良いフォームで制球力がありながら、球速も140キロ台に乗せてきた。聖和学園の庄司陽斗投手は、まだ実績が少ないものの182cm80kgの左腕投手でキレのある球を投げる。塩釜高校の安藤令投手は173cmだが球速は145キロを記録、投手としても能力を高めたい。

バッターでは東北高校の伊藤康人選手が1年生から注目をされていた選手で、左打席での打撃センスは抜群。古山慎悟選手も強打の外野手で伊藤選手と共に注目される。東北学院の小林玲大選手はショートでの守備に定評があり、打撃も体は大きくないが鋭い打球で宮城県屈指と言われる。仙台南の岩崎勇利選手も4番のショートで強打が光る。東北生活文科大高の丹治基選手は179cm91kgの右のスラッガーで、春に4本塁打、高校通算25本塁打を放っている。

優勝予想

昨年は仙台育英が優勝、決勝で古川工に7-0で勝利して力が抜きんでている所を見せた。秋も仙台育英が決勝で古川に17-3で大勝、今春も仙台育英が優勝をしたが、準優勝の東北とは8-6と接戦となった。

昨年ほどスバ抜けた感じは春は見られなかったが、強力な1年生の加入でまたとんでもないチームになっていきそうだ。対抗は東北高校でこちらは打撃が頼りとなる。

春ベスト4の東北学院、聖和学園にもチャンスがあり、好投手のいる古川、古川学園に、東陵や利府、そして東北学院榴ヶ岡や東北生活文化大高なども打力がある。

2019年度以降-高校生-宮城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP