夏の高校野球・ 山口大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

田中力, 田村晃雅, 久保田碧月, 池村健太郎, 酒井隼平, 鹿島駿, 中村新之介, 渕上竜椰, 内之倉瑛輝, 市原暖士, 大内海斗, 三家本大和, 勝力稜介, 佐伯和希, 竹内皇雅, 松本歩, 木村大輝, 盆子原大成, 中本至音

夏の高校野球・山口大会が7月13日に開幕する。プロ6球団が注目する成長株の左腕に本格派投手がそろう。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年のドラフト会議では、石見智翠館の水谷瞬選手がソフトバンクにドラフト5位で指名された。

聖光高校の中本至音投手は、昨年秋に注目され、この春は6球団のスカウトが視察に訪れている。174cmの左腕投手でまだ線は細いが、体重の乗った141キロのストレートは威力十分、この春も活躍を見せた。最後の夏に140キロ中盤くらいまで上げてくれば、秋のドラフト会議で指名する球団が出てくるかもしれない。

その他の選手

投手では宇部鴻城の池村健太郎投手は181cm84kgの左腕投手で、139キロの力のある球を投げる。春は故障のため登板は無かったが夏に復帰登板をすれば注目左腕となるかもしれない。西京の田村晃雅投手は181cmの右腕で140キロを記録する。最速は1年時に記録したもので、故障などもありその後の球速更新は無かったが、球の質も良い投手で将来が楽しみ。南陽工の盆子原大成投手は腕をしっかりと振って低めに伸びのある球を投げる県屈指の本格派右腕。

下関国際の木村大輝投手は174cmの左腕、2年春のセンバツまではセンターを守っていたが、投手に転向すると球速を伸ばす下関国際のトレーニングで130キロ後半まで球速を伸ばしている。宇部商の松本歩投手は角度をつけて低めに重そうな球を投げ、詰まらせて打たせて取る投球を見せる。周防大島の竹内皇雅投手も130キロ後半の速球を投げ、スライダーはすばらしい切れを見せる。岩国の佐伯和希投手は動く球を駆使する投手で、球の力もある。

長門の勝力稜介投手も170cmの左腕だが138キロのストレートを投げスライダーが抜群のキレを見せる。下松の久樂幸祐投手も力のある球を投げるようだ。

高川学園の久保田碧月選手はセカンドまで1.8秒を誇る強肩捕手。椋木投手、佐伯投手など140キロを投げる先輩投手をリードしてきており、打撃も県NO.1と評価される。同じく主軸を打つ三家本大和選手は長打力があり、2年生の大内海斗選手は巧みな打撃を見せる。

宇部鴻城の田中力選手は181cm88kgの左のスラッガーで、長打力はスバ抜けている。酒井隼平選手も182cm88kgの右の大砲、守備を磨いてさらにレベルアップをしたい。早鞆の市原暖士選手も180cmの右の大砲で打率も残せるスラッガー。早鞆は内之倉瑛輝選手も強打の捕手として主軸を任せられる。

2年生でも早鞆の渕上竜椰投手は180cmから140キロの速球を投げ、来年の注目投手の一人、萩商工の中村新之介選手は1年秋にエースとしてチームを県ベスト8に導く。活きの良い球を投げる左腕。柳井学園の鹿島駿選手も2年生でチームの4番を任される長打力の持ち主。

優勝予想

昨年は下関国際が強さを見せた。新チームでは秋は高川学園が優勝し聖光が準優勝をした。そしてこの春は高川学園が優勝し早鞆が準優勝、ベスト4に聖光と萩商工が入った。

下関国際がチームの仕上げができていない中で、高川学園が久保田主将を軸に素晴らしい打撃陣を作った。また早鞆は選手が自主的に練習を行い急成長、投打に力のある選手がそろい、この2チームが2強となる。

ただし、投手力を武器にする聖光や勢いのある萩商工に勢いがある他、宇部商、宇部鴻城、柳井学園、岩国商、南陽工業、西京、周防大島なども優勝を狙う。エースが戻ってくれば宇部鴻城が2強に並んでくるかもしれない。

2019年度以降-高校生-山口県のドラフト候補リスト


PAGE TOP