夏の高校野球・ 鳥取大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

福島悠高, 河西威飛, 山田椋一, 山内陽太郎, 森下祐樹, 岡本大翔, 松田陸斗, 山本卓, 河野律樹, 手島直, 清水響希, 成田優樹, 阪上陸, 土岐尚史

夏の高校野球・鳥取大会が7月13日に開幕する。米子東に好選手がそろい、2年生に注目選手がいる。ただ、今年のドラフト会議で指名確実という選手はおらず、注目選手も多くない。地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年のドラフト会議で指名された選手はいなかった。米子松陰の辰己晴野投手投手などの名前が挙がっていたものの、140キロを超す球を投げる投手などもいなかった。

今年も現時点で、ドラフトで指名の可能性が高そうな選手はいない。

その他の選手

米子東の2年生・岡本大翔選手は189cm86kgの大型遊撃手で、投手として登板しても140キロを超す球を投げる。打撃でもパワーを見せる選手で、将来、どの方向を目指していくのかも注目して行きたい選手だ。

米子東はセンバツで札幌大谷を相手に8回8安打4失点とまずまずの好投を見せた森下祐樹投手がいる。130キロ中盤のストレートに変化球を織り交ぜる左腕投手。完投の多いスタミナも十分な投手。また俊足でもあり身体能力の高さが評価される。また投手では2年生の178cm右腕の山内陽太郎投手、左腕の土岐尚史投手も春に成長をしており、次期エースを争う。前述の岡本選手を含めた4人の投手陣は分厚い。そして打撃では185cm95kgの右のスラッガー福島悠高選手がおり、山内選手、岡本選手もパワーがある。

投手では鳥取城北の2年生左腕・阪上陸投手も好左腕で、強い球をテンポよく投げて打ち取る。3年生の右腕・成田優樹投手もフォークボールを武器に球速も増している。鳥取商業の清水響希投手は昨年秋の中国大会で、屈指の強打線を誇る広陵を相手に好投を見せた。きれいなフォームで腕を鋭く振り、抜いた球も有効に使う。境の手島直投手はキレの良さと制球力で米子東の森山投手などと県NO.1左腕を争う投手と評価。境港総合術の木村友哉投手は、日野との連合チームのエースとして評価が高い。

鳥取城北の山田椋一選手は逆方向に球が伸びていく飛距離を出せる選手、チームの4番として不動。河野律樹選手はショートとして守備に定評があり、また164cmと小柄だが春の県大会で2試合連続ホームランとパンチ力も見せた。河西威飛選手は左右にヒットを打ち分け、強い打球も打てる2年生。鳥取西の山本卓選手は、体格で米子東の福島選手と競う191cm82kgの右の大砲、スイングの強さに注目したい。米子松陰の松田陸斗選手は内野手としての守備と打撃技術の高さが評価されている。

優勝予想

昨年は鳥取城北が優勝、米子西が準優勝。秋も鳥取城北が優勝し、米子東が準優勝。そして春は米子東が優勝し、鳥取城北が準優勝だった。

常に強さを鳥取城北と米子東が2強の様相となっている。共に選手層も厚く、投手が1人だけではないところもあり、決勝で対決する事になりそうだ。

他には鳥取商、倉吉東、八頭、米子松陰、境などの強豪もおり、八頭はこういう時に一気に勝ち上がる力がある。

2019年度以降-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト


PAGE TOP