八戸学院光星が甲子園、武岡龍世選手・近藤遼一選手を日本ハムが評価

八戸学院光星, 武岡龍世, 近藤遼一, 原瑞都

高校野球青森大会では、八戸学院光星が弘前学院聖愛を下し、甲子園出場を決めた。この日は北海道日本ハムのスカウトが視察し、プロ注目の武岡龍世選手だけでなく、今大会6本塁打を放った近藤遼一選手についても評価をしている。

近藤選手が2発

八戸学院光星はこの日、初回に1番の武岡龍世選手がセンター前ヒットで火ぶたを切ると、ノーアウト1,3塁の場面で3番・近藤遼一選手が左中間に芝生席に、今大会5本目となる3ランホームラン、4番の長距離砲・原瑞都選手も今大会4本目となるソロホームランを放った。なおも攻撃の手を緩めず、この回、再び打席に入った武岡選手が2点タイムリー2ベースヒットを打ち、一挙8点を奪った。

また6回には近藤選手が、今度はバックスクリーンへホームラン、今大会6本目のホームランとなった。近藤選手は昨年秋からセンバツ、春の大会と4番を打った。しかしセンバツでは4打数1安打で初戦敗退、また春の大会でも初戦で青森山田に敗れ、4番から3番になった。打撃フォームについても昨年秋から試行錯誤をしていたが、大会2日前に、武岡選手から「一連の流れで打つ、前のフォームに戻した方がいいぞ」とアドバイスを受け、昨年秋前までのフォームに戻したという。

この日視察した北海道日本ハムの白井スカウトは「よく打つよね。希望進路によるけど、甲子園でも打てれば注目もされて、彼の野球人生が変わるかもしれない」と話し、大会6本塁打を放った近藤選手に注目をしていた。

武岡選手は3安打

ただし、スカウトの本命はやはり武岡龍世選手か。この日は初回の2安打の他に1本のヒットで3安打を記録、またショートでこの日も軽快なプレーを見せ、今大会は、二遊間のヒット性の当たりをダイビングして捕球して先制点を防ぐ大ファインプレーも見せている。

50m5.9秒の足もあり、高校通算22本塁打の長打力もある遊撃手に、北海道日本ハムの白井スカウトは「守備にセンスを感じる。3拍子そろっている選手。甲子園が楽しみ」と話した。

八戸学院光星は、春に初戦敗退をしたものの、そこから強くなった。投手陣も後藤丈海投手はまだ本調子ではないようだが、山田怜卓投手や渡辺太楼投手、横山投手、そしてこの日、先発した下山投手など、バラエティに富み、140キロ台も記録する投手陣がそろう。優勝候補の一角に入ってくるのではないかと思う。

八戸学院光星高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
夏の高校野球・ 青森大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

スタンドで視察した武岡について日本ハム・白井スカウト「守備にセンスを感じる。3拍子そろっている選手。甲子園が楽しみ」

ーシードから始まったチームは、大会6試合で15本塁打、72得点。近藤はともにチームトップの6本塁打、20打点だ。攻撃的遊撃手の「坂本2世」武岡に注目が集まる中で存在感を示し、日本ハム・白井康勝スカウトも「よく打つよね。希望進路によるけど、甲子園でも打てれば注目もされて、彼の野球人生が変わるかもしれない」と期待を寄せた。


PAGE TOP