成長が楽しみなBランク選手・和田真虎投手(宇和島東)

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

現在はBランクとして評価している選手の中から、成長楽しみな選手を紹介する企画。今日は宇和島東・和田真虎投手を紹介します。

これまで紹介した選手
第1回:上田西・阿部巧雅投手
第2回:浜松工・杉田蒼希投手
第3回:九州国際大付・酒井教平投手
第4回:大分東明・山下健太朗投手
第5回:高知高・安岡拳児投手
第6回:近大泉州・中尾純一朗投手
第7回:桐生第一・蓼原慎仁投手
第8回:神村学園・田中瞬太朗投手

堂々のピッチングをする本格派

和田真虎投手の投球を見ていると、将来性を非常に感じさせる。180cm81kgの体からゆったりとしたフォームで、最速は141キロを記録する。プロに近い選手だと思う。

ゆったりとモーションに入り、一度横を向いて小さくテイクバックをする。そこから頭をキャッチャーに向けてターゲットを定めると、その後は目が離れる事はない。変化球は高めに行くことがまだ多かったが、制球で苦しみそうな要素があまりない。

ストレートは右バッターにインハイに食い込むような横の角度がある球、左バッターにはインコース低めに角度のある球を投げ、あと少しでラインを描ける所まで来ている。スライダーは空振りを奪うよりは、タイミングを外すような球になっているが、磨きをかければ、三振を取れる球になるだろう。

昨年夏は背番号20を付けてベンチ入り、愛媛大会の1回戦から3回戦まではエース・船田投手が登板し、3回戦の帝京五戦で3安打8奪三振完封勝利を挙げていたが、準々決勝の強豪・今治工戦で初登板初先発すると5回まで無失点、6回に2点を失い降板したが、チームに勝利をもたらした。

準決勝の聖カタリナ戦でも先発すると、9回3安打で完封、1奪三振と三振数は少なかったものの、非常に安定をしたピッチングを見せた。そして決勝の松山聖陵戦は船田投手が完投し甲子園に出場した。

その甲子園では初戦で宇部鴻城と対戦、先発は船田投手だったが6回6失点で降板すると、7回から和田投手が登板し、3回5安打3奪三振1失点、3-7で初戦敗退となったが、堂々のピッチングを見せていた。

体の強さが十分あると思われ、冬はさらにパワーアップ、そしてその力を球に込める技術を磨いたことだろう。スライダーなど変化球が良くなれば、夏はかなり注目される投手になるのではないかと思う。昨年の時点でも自分がプロのスカウトだったら、育成ドラフトでの指名を推薦していたと思う。

和田真虎投手 180cm81kg  141キロ 

2020年度-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント